健康寿命の延伸サポートサービス「楽天シニア」専用の健康生活応援アプリにおいて、「毎日歩こうミッション」を追加

「毎日歩こうミッション」は、日々の健康維持、健康づくりの第一ステップとして、歩くことをさらに身近にそして楽しくしていくことを目的に、専用アプリに追加された新機能です。これにより、1日4,000歩以上歩き、アプリ内でスタンプを7個集めると、チェックイン施設(注1)に訪れなくても「楽天ポイント」が獲得できるようになります。新機能は、現在「楽天シニア」のチェックイン施設が徒歩圏内にないユーザー様からのニーズにお応えするために、開発したものです。

 「楽天シニア」は、政策課題のひとつである「健康寿命延伸」をサポートするサービスとして、2019年6月の提供開始から3周年を迎えました。専用アプリの基本機能である日々の歩数測定と、対象施設へのチェックイン(注2)で「楽天ポイント」を貯められる等、スマートフォンを活用し、様々な健康寿命延伸の機会を創出しています。これまでも、健康管理機能(体重、睡眠時間、血圧、心拍数の記録)の追加や、運動、趣味・遊び、健康講座、音楽など、多種多様なジャンル別のイベントへの予約や参加できる、イベント機能を拡充してきました。

楽天モバイルは今後も、高齢者のデジタル利活用を促進し、ユーザー様が楽しく健康に健康寿命延伸の活動を行えるサービス提供を行ってまいります。

(注1)チェックイン施設は「楽天シニア」に加盟しており、施設内にチェックイン端末が設置されています。
チェックイン施設 : https://senior.rakuten.co.jp/check_in_facility/
(注2)「ウォーキングチェックイン」概要ページ
https://senior.rakuten.co.jp/campaign/walking_checkin-202009/

■「毎日歩こうミッション」の機能概要
毎日4,000歩以上歩き、アプリ内でスタンプを集めながら、楽しく健康にポイントを貯めることができる新機能です。
※アプリ内における楽天IDのログインが必要です。
※対象施設へのチェックインで「楽天ポイント」を貯められる「ウォーキングチェックイン機能」と併せてご使用いただけます。
「毎日歩こうミッション」概要ページ: https://senior.rakuten.co.jp/about/walking_mission/

【ミッション内容
・1日に4,000歩以上を歩く
・翌日中に、アプリ内でスタンプを1個押す
・スタンプを7個集めると、楽天ポイント3ポイントを獲得
※スタンプの未押印が3日続くと、スタンプは0個にリセットされます。

初回限定特典
・初めてのスタンプ押印で20ポイント獲得(1アカウントにつき、初回の1回限り有効です。)
※期間限定楽天ポイント。
※その他「ミッション内容」「初回限定特典」の詳細条件については、上記の「『毎日歩こうミッション』概要ページ」からご確認ください。

■「毎日歩こうミッション」機能追加方法
「楽天シニア」アプリをすでにご利用中の方
各ストアにて最新版にアップデートしてください。
Android™版:https://app.adjust.com/2iq1zmg

「楽天シニア」アプリをお持ちでない方
「楽天シニア」アプリをお持ちのスマートフォンやタブレット端末にインストールしてください。
Android™版(無料):https://app.adjust.com/2iq1zmg

■「楽天シニア」について
楽天モバイルが提供する健康寿命の延伸をサポートするサービスです。専用の健康生活応援アプリ「楽天シニア」では、日々の歩数測定や健康管理、各種イベントの予約や参加、対象施設へのチェックインで「楽天ポイント」を貯めることができる機能を搭載するほか、健康コラム、健康体操動画、スマホ教室動画など、様々なコンテンツを発信しています。
また、イベントプラットフォームを提供しており、ITリテラシーの向上を目的としたスマホ教室をオンライン上や楽天モバイルショップ等で定期的に開催し、プラットフォーム加盟店が主催する様々なイベントもご案内しています。
URL:https://senior.rakuten.co.jp/

※記載されている会社名・製品名・サービス名などは、各社の登録商標または商標です。
※Androidは、GoogleLLCの商標または登録商標です。
※iOS商標は、米国Ciscoのライセンスに基づき使用されています。


関連記事

  1. 認知症になった親のお金は使える? FP小井手 美奈子

  2. 親の介護費用と必要になるお金はいくら? 有料老人ホーム・介護施設にかかる費用は?

  3. 「終活」の認知度は95%と高いが、実践している人はわずか7%。 今はしていないが「終活をしたいと思っている」人は、約6割存在。 コロナ禍をきっかけに1割を超える人が「終活への考え」に変化。

  4. スマートフォン向け助けあいアプリ「May ii(メイアイ)」の利用エリアを日本全国に拡大 「移動に困って助けを求める人」と「手助け可能なサポーター」をつなぎ、心のバリアフリーを実現

  5. Q 親が家で転んで足を骨折してしまいました。どこに何を相談したら良いのかがさっぱりわかりません。 どこにどういうふうに相談をすればいいのでしょうか?

  6. 必ず知っておきたい!介護保険の全知識まとめ

  7. 使ってみたいけど使い方がわからなくて利用していないアプリは何?

  8. セコムとIoTベンチャー企業チカクが「まごチャンネル with SECOM」の提供を開始 ~「たのしい、みまもり。」をコンセプトとした新たな見守りサービス~インターネット環境がなくても特別な工事は不要

  9. 最近、若いころより眠れなくなったと感じていませんか? 『別冊NHKきょうの健康 40代からシニアまで 睡眠の悩み 治療は必要? 薬はどうする?』が7月19日発売

  10. 「直葬」〜その葬儀スタイル

  11. お困りごとの相談先 一覧

  12. オーディオブックと運動のデュアルタスクに、認知症予防トレーニングと同等の脳血流活性作用を新たに発見〈日本早期認知症学会で発表〉