「親がひとり暮らし」「介護未満」「火の扱いが不安」親の食事が心配になってきたら読む本『親が喜ぶ 作りおきごはん』発売

最近、「離れて暮らす高齢の親の食事が心配」「親がコンビニ弁当や惣菜ばかり食べている」「父が亡くなり、母が料理を作る気力がなくなった」などの理由から、週に何度か「作りおき」を用意し、親の食事をサポートしている中高年の子ども世代が増えています。

本書では、今まさに親の食事を支えている126名にアンケートを実施。リアルな声を聞き取り、老親と子ども世代のどちらにとっても、ラク!でおいしい!レシピを考案しました。

 

  • ■便利なヘルパーや宅食サービスを利用しない人が、75%!もいるのは、なぜ??■

現役で多忙な中高年の子ども世代が、便利なサービスを利用せず、あえて自分で食事をサポートする理由は、「親が望まない」「経済的に難しい」が多数でした。

  • ■「せっかく作ったのに」自分の思いが伝わらず、疲れている人も多い■

自分で食べるのとは違い、「高齢者向けのメニューがわからない」「せっかく作ったのに食べてくれない」「減塩で作っても、勝手にしょうゆをかけてしまう」などの悩みも多く、がんばることに疲れている人が多いのが現状。親の口に合い、しかも体に良いレシピが求められています。

 

  • ■サポート歴15年以上の料理研究家が考案した、本当に「親が喜ぶ」レシピ■

親の食事を支え続けて15年以上の料理研究家で栄養士の今泉久美氏が考案した、とにかく作る人がラク! 塩分ひかえめだけどきちんとおいしいくなるコツや、必要な栄養がしっかりとれる「作りおきレシピ」を紹介。

【鶏の梅照り焼き】
たれに梅肉を使うことで日持ちがよくなります。鶏むね肉は高たんぱく質・低脂質で消化もいい食材。小麦粉をまぶしてからたれをからめるとしっとりとした仕上がりに。

【めかじきのムニエル】
タルタルソースで油分をプラスすることで飲み込みやすくなります。切り身なので調理がラクで、骨もないので高齢者でも食べやすい。

  • ■「親ごはん」は、親本人がラク!が大切なポイント■

気力、判断力が落ちている老親にとって、食事は面倒なもの。扱うのがラクな容器や食べやすさの工夫も必要です。

■中身の見える小さめ容器■

■洗い物ができない場合は、使い捨て容器を活用■

■とろみをつけて喉ごし良く■

【あんかけひと口揚げ出し豆腐】

■だしや酸味を利用して減塩でもおいしく■

【キャベツとにんじんの浅漬け】

  • ■監修・料理担当者プロフィール■

今泉久美 いまいずみ くみ
料理研究家。栄養士。女子栄養大学卒業。女子栄養大学栄養クリニック特別講師。栄養バランスがよく、実践的で作りやすい料理に定評がある。

 

  • 【書誌情報】
親が喜ぶ 作りおきごはん
今泉久美 監修・料理
B5判・96ページ
本体1,300円+税
主婦の友社  お買い求めは↓↓
親が喜ぶ 作りおきごはん

 

関連記事

  1. 口内炎などが起こりやすい、爪が割れやすい、髪のコシがなくなる、抜け毛が増えた、貧血が起きやすい…気になる人は、重要な栄養素「亜鉛」不足を疑ってみよう! 医師・平澤精一さんと、管理栄養士・岸村康代さんの共著『長生きの切り札! 亜鉛チャージ健康法』

  2. 東野圭吾、著作100冊。国内累計発行部数1億部突破!

  3. 大人気シニアブロガー・紫苑の「年金月5万」でも幸せになれる、お金の知恵・工夫・考え方

  4. 「71歳、年金月5万で自分らしく」フリーランスおひとり様女性の生き方

  5. 認知機能検査に出る問題をそのまま掲載!『改正道交法対応・高齢ドライバー免許対策 認知機能検査・脳活ドリル付き』が発売中!

  6. 103歳の現役理容師は、日本を元気にするスーパーおばあちゃん! 箱石シツイさんの健康長寿のヒケツ、教えます!

  7. 世界初!100歳でフルマラソンを完走。驚きの伝記絵本『100歳ランナーの物語 夢をあきらめなかったファウジャ』12月10日発売。 プロ・ランニングコーチ 金 哲彦氏による解説!

  8. ”老い活”の新しいカタチ 幸せに「最期を自宅で迎える」ための3つの習慣 『「最期まで自宅」で暮らす60代からの覚悟と準備』

  9. 【ベストセラー連発!”早起きのプロ”塚本亮監修】『早起きって、幸せ。』

  10. ベストセラ―『男の品格』の著者に認知症宣告‼ 当事者として“老い”と向き合った『ボケの品格 清く、気高く、いさぎよく』

  11. 人生100年時代 歯を長持ちさせる鉄則

    歯にも寿命があった?!いつまでも“健口”でいるために、今からやっておきたいこと『人生100年時代 歯を長持ちさせる鉄則(ルール)』8月27日(金)発売!

  12. 絵本で終活が変わる!?国内唯一の相続に関する「絵本」を発刊したワケとは!? ~業界初~ 終活を始める前に家族で読みたい絵本「最高の贈りもの」に業界内外から注目が集まる

カテゴリー

  1. を生涯スポーツが人気!参加者合計年齢4万2732歳!世界最大級…

  2. 健康的な食事をしたい人は9割超だが実際にできている人は2割以下…。…

  3. LINEでガスの消し忘れ確認、遠隔遮断・復帰ができる新しい「マイツ…

  4. 本格的な夏を前に女性のスキンケアに関する使用実態や意識について…

  5. シニアライフセミナーを開催!

  1. “自称認知症”が急増中! 累計70万部の著者最新刊『脳…

  2. “おいしく”環境問題に取り組む、株式会社FARMER YOU(ファーマーユ…

  3. 認知症チェック 10 帰省時がチャンス! 

  4. 仏壇を処分する手順とポイント

  5. 父の家はゴミ屋敷!最悪の事態を招く前にすべき対策とは?

  1. 親の事が心配になってきたらまず読む 「介護施設の入居にあたって…

  2. 親のことが心配になったら  親が倒れた時どうする?今準備できる…