協力費の出る社会貢献ボランティア参加者募集

治験とは、新しい「くすり」が国の承認を得るために安全性や有効性を確認するために行う臨床試験のことです。
その試験に自らの意思で参加してくださる方を治験ボランティア(臨床試験ボランティア)と呼んでいます。
薬は”良くも悪くも身体に影響を及ぼすもの”です、どんな薬を使おうがその取扱に確実な安全はありません。
その為に、国が認めた厳しい基準をクリアした薬でないと処方や販売が行なえません。
その厳しい基準の1つが治験、もともとは「治療の臨床試験」の略であるそうです。

そこでお勧めの治験案内を2つ  どうぞご参考に!



厚生労働省
https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/fukyu1.html

関連記事

  1. “女性の不調”と漢方薬について解説

  2. 日本三大銘茶 狭山茶の主産地 埼玉県入間市の茶畑テラス 茶の輪 で絶景を独り占め!当地の狭山茶を味わいながら、贅沢な時間を。

  3. 「運転免許の自主返納」に関する当事者とその家族の意識調査を公開 家族から返納を勧められても「車がないと不便だから」と返納を断る一方で、「運転が不安にならない限りは免許返納をしない」高齢者の本心が明らかに。

  4. 女性向けボリュームアップヘアスプレー「V-up mana ヘアマスカラスプレー」が新登場

  5. 親の事が心配 不動産DXサービスを展開するアセットコミュニケーションズ、高齢者向け空き家管理サービス「ご実家管理サービス」を提供開始 

  6. 1人で過ごさせることに不安を感じる独居親から「施設は嫌だ、最期までこの家で暮らす」と言われたら?Surfvote投票結果

  7. 家族信託サービス「おやとこ」

  8. 離れて暮らす親の家のインターホン、モニターなしが4割も!~これから迎える年末年始、帰省する際は家族と『防犯』について話そう~

  9. 株式会社Humanite(ユマニテ)は、軽量で持ち運びに便利なノート型パーテーション・『BYOBUノート』を新発売しました。※ 日本製 ※ 透明・半透明バージョンも順次発売

  10. リラクゼーションフィットネスクラブを運営する株式会社ピノス(本社 京都府京都市)は30代~60代の男女の方を対象に「ダイエットの実態」に関する調査を実施しました。

  11. 2024年はビッグエコーで歌い初め!お得にカラオケが楽しめる初の福袋で、BIG SMILE,BIG ECHO!

  12. 認知症の行方不明者はのべ1万7479人で、前年よりも552人多く、7年連続で最多を更新し、2018年以前に届け出があった人を含め、昨年、遺体で発見されたのは460人だったと警察庁が2日発表。

カテゴリー

  1. 【新規会員さまも対象】日本調剤オンラインストア5周年記念キャンペ…

  2. いよいよですね!パリ五輪・『バレーボール男子日本代表 応援BOOK…

  3. 7月24日(水)は土用の丑の日。大丸梅田店では「うなパラ!」を開…

  4. 株式会社郵便局物販サービスは、『スヌーピーグッズ』を2一部の郵便…

  5. 第1弾が大好評の「川島隆太教授の運転免許認知機能検査」シリーズに…

  1. “自称認知症”が急増中! 累計70万部の著者最新刊『脳…

  2. “おいしく”環境問題に取り組む、株式会社FARMER YOU(ファーマーユ…

  3. 認知症チェック 10 帰省時がチャンス! 

  4. 仏壇を処分する手順とポイント

  5. 父の家はゴミ屋敷!最悪の事態を招く前にすべき対策とは?

  1. 親の事が心配になってきたらまず読む 「介護施設の入居にあたって…

  2. 親のことが心配になったら  親が倒れた時どうする?今準備できる…