白髪の場所は”生え際”や”分け目”に!気になり始めた年齢は?白髪対策・ケア方法について40代以上の女性200人に聞きました!

 自身の白髪が気になりだした年齢は?

自身の白髪が気になりだした年齢は?の問いに対して最も多かったのが「40〜44歳(34.5%)」でした。 次いで「35〜39歳(25%)」「45〜49歳(18.5%)」という結果でした。30代半ば〜40代前半にかけて気になり始めた人が約60%という結果となりました。

 白髪が生えている場所はどこですか?(複数回答)

白髪が生えている場所に関しては1位「顔周り(生え際)(51.5%)」、2位「分け目(47%)」でした。顔の周りの生え際や分け目は、特に目立つ部分なので気になりますね。

 自身の白髪をどのように対策・ケアしていますか?(複数回答)

自身の白髪をどのように対策・ケアしているかを尋ねたところ、1位は「美容院で染めている(40.5%)」、2位「自分で染めている(36.5%)」となりました。1位・2位共に”染める”という回答になりました。染め方の種類はあるものの「染める」という方法が白髪対策としては最も一般的な対策となっているようです。

 上記を選んだ理由は?

1位:美容院で染めている

美容室は白髪染めで白髪が光らないような色をコントロールしてくれるから(40代女性)

美容室でハイライトを入れて明るく染めてもらっています。髪色も明るいし、伸びてもあまり気にならないので、白髪染めよりストレスが少なくなりました。(40代女性)

美容院で染めている。髪の量が多く、自分では上手く出来ないため。(50代~女性)

美容室で染めている事を重視しています。家で染めるとムラが出たり毛が傷んでしまうからです。(40代女性)

カラーシャンプーや市販薬で染めていた頃もありましたが、傷みが激しいため、美容院で染めることにしました。美容院で染める時は必ずトリートメントも行ってもらっています(40代女性)

美容室でプロの方に染めてもらうとムラがなく染めてもらえたり傷みが少なかったりするので良いとのことでした。

 2位:自分で染めている

白髪染めを気になった時に自分でしています。気になったら直ぐに出来るのでセルフケアです(40代女性)

3週間に一度は染めなくてはならないので、自分で行っています。(40代女性)

美容院代がばかにならないので、自分で染めて節約している。(50代~女性)

若い頃から前のほうだけ白髪があります。男性に指摘されたこともあり、ショックでした。お金がかかるので、家で染めています。すぐに目立つようになるのと、洗面所が汚れるので本当はお店でやりたいですが、家でやっています。(40代女性)

美容院や行くほどでもないし、面倒くさいが自分でやったほうが早いから。(50代~女性)

お金がかかるから美容院にいけないから自分で染めている。(40代女性)

美容室だとお金が嵩むので自宅でカラーをしているという方が多かったです。また気になった時にすぐに染める事ができてこまめにケアできる点もセルフカラーの良いところなようです。

 3位:カラートリートメント

ショートなので、なんとかカラートリートメントを毎日していれば目立たないからです。(40代女性)

セルフカラーは髪の毛にも身体にも良くないので数か月に1度程度にし、毎日のシャンプー後にカラートリートメントでカラーをもたせています。(40代女性)

まだ全体を染めるほど白髪は出ていないので、毎日のトリートメントで何とかごまかしている。コスパが良い。(50代~女性)

カラートリートメントを、顔の周りの生え際に使うことが多いので、肌についたら肌には落ちやすいものを使っている。(50代~女性)

アレルギーが出てしまったので、美容院では染められず、自宅でトリートメント式で染めている。アレルギーの出ない染め粉が欲しい。(50代~女性)

セルフカラーほど髪の毛が痛まず、手軽に利用できる点が「カラートリートメント」の良さのようです。

 4位:何もしていない

できるだけ何も施さずに自然のままがいいと思う(40代女性)

毛染めでもシャンプーでもにおいに敏感で何度かトライしても目がしみだして涙が止まらなくなって今は何もしていません。(50代~女性)

白髪の存在は気になるが、なにかしらの対策を打つほどの本数はなく、手間をかける余裕もないのでそのままにしている。(40代女性)

何も白髪対策をされていない方からは、自然なままで居たい、染めたいけどアレルギーが出てできないなどという理由が挙げられていました。

 5位:カットやヘアスタイル等で目立たさない

カラーリングでかぶれた事がある為染められず、スタイリングで目立たないようにしています。(40代女性)

少しでも見えないようにヘアスタイルを整えています。(40代女性)

髪をくくったり、耳にかけたりすると、内側の白髪が露出してしまうので、特に人前ではやらないように気をつけています。分け目も白髪が見えて来たなと感じたら、定期的に分け目を変えて隠すようにしています。(40代女性)

 6位:白髪用マスカラ

白髪用マスカラは、白髪を黒くすると同時に分け目の短い毛も落ち着くので、とても良いと思い使用しています。(40代女性)

一時的に白髪隠しができるマスカラは髪へのダメージが少ないとのことで、都合よく美容室の予約が取れない時にマスカラを使用することがあります。(40代女性)

 7位:カラーシャンプー

カラーシャンプー。手軽で髪が傷みにくいから(40代女性)

 その他

白髪を見つけたらその都度抜くようにしている。まだたくさんあるわけではないので鏡を見て自分で抜くのが簡単だから。(40代女性)

これ以上増えないように頭皮マッサージを欠かさずにやっています。(40代女性)

抜いている。まだ大量の白髪ではないのでお金も時間もかからない方法で対処している。(40代女性)

 調査結果まとめ

女性200人に「白髪」に関するアンケート調査を行った所、
自身の白髪が気になりだした年齢では「40〜44歳」と答える方が1番多かったです。40代になってから目立ち始めた人が半数以上になりました。

白髪が生えている場所に関しては、「顔周り(生え際)」が1位でした。鏡で見たときに目につきやすい場所でもありますね。

自身の白髪をどのように対策・ケアしているかでは「美容院で染めている」が最多でした。ムラなくしっかり染めてもらえるので安心感があるようです。

みなさんはどんな白髪対策をしていますか?

会社概要

社名   : 株式会社しんげん

所在地  : 東京都渋谷区道玄坂1丁目15番地3号

代表者  : 代表取締役 高木啓之

設立   : 2018年1月9日

資本金  : 150万円

事業内容 : WEBメディアの運営

URL   : https://shingen-inc.com/

関連記事

  1. 【親の終活に関する意識調査】4月から始まる相続登記義務化の認知は2割と低調、相続不動産について親と話し合ったことがある人も2割どまり。6割超が相続について不安ありと回答し、不安なこと1位は「相続税」

  2. 車椅子のまま入浴できる【昇降式貸切温泉】など、バリアフリー・UDに特化したリニューアル完了。露天風呂付きユニバーサルデザインルームや多目的トイレも完成(上諏訪温泉しんゆ) 2022年9月にリニューアル完成、SDGsの一環

  3. 全国60歳以上の男女を対象に「新型コロナウイルスと心の変化」に関する調査を実施しました。

  4. 一斉休校で困っている酪農家を支援 【牛乳支援】Oisixで緊急販売を開始 3/5(木)~ お家で飲んで応援 外出控えの子どもたちにも作れる牛乳たっぷりレシピも提供

  5. 協力費の出る社会貢献ボランティア参加者募集

  6.  2022年、最も注目された漢方薬は『麦門冬湯』 クラシエ薬品株式会社は、漢方薬市場の長期的な動向や、2022年に売上を伸ばした注目の漢方薬をまとめた「KAMPO OF THE YEAR 2022」を、本日12月1日(木)に発表しました。

  7. 母の日参りにも!春らしい色彩が美しい「令和時代」のカメヤマのフューネラルギフト コンセプトは、都会の働く女性に選ばれるギフト  カメヤマ株式会社

  8. 介護用シューズとは違うけど、 膝や腰に悩みがあり屈むのが辛い高齢の方にも。おしゃれなデザインは母の日のプレゼントにぴったりです!

  9. 事故防止・損害軽減等のためのレポートの公表~ 高齢運転者の事故が多いのはいつ? ~ 損害保険料率算出機構

  10. 春を感じる和菓子でお花見の持ち寄りスイーツにもおすすめ 宗家 源 吉兆庵より“桜”を使用した春限定商品が登場 ~旬の果実を使用した和菓子も販売~

  11. 経年調査!シニアは健康のためにどの程度お金をかけるのか?全国の60歳以上の男女1000人に聞いた「2020年シニアの健康に関する調査」

  12. 認知機能に関連した簡単な質問により、要介護リスクを推定できる 神戸市基本チェックリスト解析結果 WHO健康開発総合研究センター(WHO神戸センター)

カテゴリー

  1. いよいよですね!パリ五輪・『バレーボール男子日本代表 応援BOOK…

  2. 7月24日(水)は土用の丑の日。大丸梅田店では「うなパラ!」を開…

  3. 株式会社郵便局物販サービスは、『スヌーピーグッズ』を2一部の郵便…

  4. 第1弾が大好評の「川島隆太教授の運転免許認知機能検査」シリーズに…

  5. 話題の地球の歩き方国内版から初の市版として発行した『北九州市』…

  1. “自称認知症”が急増中! 累計70万部の著者最新刊『脳…

  2. “おいしく”環境問題に取り組む、株式会社FARMER YOU(ファーマーユ…

  3. 認知症チェック 10 帰省時がチャンス! 

  4. 仏壇を処分する手順とポイント

  5. 父の家はゴミ屋敷!最悪の事態を招く前にすべき対策とは?

  1. 親の事が心配になってきたらまず読む 「介護施設の入居にあたって…

  2. 親のことが心配になったら  親が倒れた時どうする?今準備できる…