看護・介護におけるテレワーク事例:「ナースケアグループ」が「カナミッククラウドサービス」を活用してテレワーク導入

新型コロナウイルスの感染拡大などで外出自粛や在宅勤務が推奨されている中、カナミックの技術を活用したテレワークによって「働き方改革」を実現しようとしている介護サービス事業者がいます。「全国訪問ボランティアナースの会キャンナス」の設立者でありナースケアグループとして訪問看護をはじめ、ヘルパーステーション、デイサービスなどを経営されている菅原由美さんです。
菅原さんは新型コロナウイルスが感染拡大している状況下で訪問看護のテレワーク化を進めています。主にシステム上に訪問記録をつけ申し送りを行うことにより、利用者の方に関する細やかな情報がミスなくありのまま複数のスタッフに届くので一目でわかる形で共有され、また請求業務も在宅で行うなど、顔をつき合わせて行うスタッフ間の情報共有や事務所での請求処理という訪問看護の既存概念に新しい技術を掛け合わせて効率の良い新しい形の連携で「働き方改革」に取り組んでいます。
「新型コロナが蔓延している中でスタッフに出社せず仕事ができる環境を作れないかと思ったことがきっかけです。カナミックを使っていれば事務所に来なくても問題なく業務が出来ると考え、2月末の段階で自宅勤務を決定しました。今のところスムーズに上手く行っている。」と菅原さんは手応えを感じています。

【菅原由美さん】

【菅原由美さん】菅原さんはカナミックのシステムを使って、運営しているグループの中の、①ケアマネジャー、②訪問ヘルパー、③訪問看護師の更なる働き方改革の実現を目指しています。

①ケアマネジャーについて
「世の中には一人で開業されているケアマネ事業所もありますよね。うちの社員にも営業からケアプラン作成まで個人が一貫してやっていく仕組みを構築したいと考えています。一応うちの社員ですのでその時はカナミックを使うことで
個々の活動をある程度見える化するのに最適だと思っています。」

②訪問ヘルパーについて
菅原さんがいうには、20年前なら訪問介護のヘルパーさんは直行・直帰の登録制というものがほとんどで、いかに活動内容を的確に把握出来るかが課題だったそうです。そのため、例えばケースとケースの間に1時間半が空いてしまった場合には事務所に一度戻ることがありました。

③訪問看護師について
「うちの看護師はみんなカナミックのシステムの基本的な機能は使いこなせていますが、まだまだテレワークに切り替えられていない状態です。このようなご時世でもありますので、看護師も1ヶ月以内にテレワークにシフトしていくことを目指しています。」

■ そこで遠隔操作が可能なカナミックを有効活用していくことになったそうです。

「システムさえあれば各スタッフの行動は全て会社が把握出来るので、従来なら事務所に戻ってくる時間を自宅に帰ってもらうという形で対応できる」と菅原さんはいいます。それに、情報共有システムを使うと会議をして報告を受けた内容は記録として残る為、後から確認することが可能になり情報共有のためだけにわざわざ事務所に集まる必要がなくなったそうです。

菅原さんはシステム内の「コミュニティ」にトピックを積極的に立ててその中でケアマネジャー、ヘルパー、看護師を含めたグループ全体で密にコミュニケーションを取っています。このような共有により今後現場のスタッフの負担が何よりも減り、週1・2回のテレワークで在宅から直行・直帰という働き方が実現するそうです。今後はまだ使いきれていないカナミッククラウドサービスの多様な情報共有機能をさらに使いこなして、より良い「働き方改革」を実現することにとても意欲的です。
菅原さんは新型コロナウイルスをきっかけに、フラットな視点で現状に疑問を持つことからスタートし、よりカナミックのシステム利用の幅を広げ機能的に使っていただいております。何より人対人の仕事で双方にとって優しくあろうとする菅原さんの姿がとても印象的でした。スタッフさんと利用者の方との間で快適な気持ちが循環し、よりよい繋がり、関係が広がっていく未来が思い浮かぶようなお話をいただきました。菅原さんの事例には今後より求められる在宅介護業界等の働き方改革という観点からも重要なヒントがたくさんつまっています。



■「カナミッククラウドサービス」について
超高齢社会に求められる「地域包括ケアシステム」の実現に寄与するために、地方自治体や医師会及び介護サービス事業者向けの多職種間連携を可能にする地域連携型クラウドサービスです。800以上の地域、10万人以上のユーザーにご利用いただいております(2019年9月現在)。多職種他法人間の連携を目的とした情報共有プラットフォームと、介護事業者向けの業務システムをラインナップしております。

関連記事

  1. ヒューマンライフケア 2020年3月1日(日)に市川真間グループホーム・市川真間の宿の複合施設を千葉県市川市にオープン!

  2. 関西屈指の高級住宅街・苦楽園に 123戸。シニア向け分譲マンション「中楽坊」シリーズ、4物件目 『マスターズマンション苦楽園 中楽坊』1月23日より、申し込み受付開始。

  3. 帰省シーズンを前に「介護施設入居に関する実態調査」を実施 「お金の管理ができない」「火の始末ができない」等の症状が介護施設入居の検討のきっかけに

  4. 介護タクシーについて教えてくだい!「介護タクシーって何?料金はどのくらいかかるの?」 介護タクシーの使い方?介護保険の適用されるの?

  5. お盆休みの里帰り見学に向けて:日本最大級の老人ホーム・高齢者住宅検索サイト『LIFULL介護』1500件以上の施設入居相談を受けてきた小菅秀樹編集長に聞く“失敗しない介護施設選びのチェックリスト11”を大公開!!

  6. ノボ ノルディスク ファーマ、糖尿病患者さんに向けたエクササイズ動画を配信 1型糖尿病の元エアロビクス世界チャンピオン 大村詠一さんが考案した自宅でできるエクササイズで、糖尿病患者さんの健康維持に貢献

  7. 脳特性を透かす株式会社do.Sukasuは、療養x運転事業を行う株式会社オファサポートと協業し、脳特性把握技術を療養や運転へ活かす事業検証に着手しました。2021年春に向けて、do.Sukasu開発中の「VR de.Sukasu」を用いてOFAサポート顧客の脳特性・運転データを取得・分析し、認知症時代における新たな療養事業、運転事業に発展できるかを見定めます。

  8. 介護サービスの種類やサービスを解説

  9. 『「自分にできる」がきっと見つかる これからのKAIGO』オープン! 得意なことを生かして活躍できる “介護のしごと”の魅力を伝えるポータルサイト

  10. 訪問診療って? お困りごと

  11. 【iPhoneアプリで簡単みまもり】家族のつながりサービス・Hachi(ハチ)で、「iPhoneを持ってもらうだけ」のシンプルな見守りを実現。

    AP TECH株式会社は、家族のつながりサービス「Hachi」の新機能『iPhone 振るだけSOS』機能を2021年3月31日(水)にリリースし、iPhoneを持ち歩くだけで利用可能なみまもりサービスの提供を開始します。

  12. 【親のことが心配】老人ホーム入居までの介護体制に関するインタビュー・帰省時の参考に!

カテゴリー

  1. オオサンショウウオが客室を“ぬめぬめ”行進中!「OH! San View Room…

  2. 体にいいと思う「ミラクルフード」ベスト10を発表! 牧田善二医師、…

  3. 新しいお墓の形! 東京・八王子 妙経寺の「小さなお墓 納骨位牌墓…

  4. 【土用の丑の日】2024年はいつ? 炊飯器でつくる鰻まぶしもご紹介…

  5. 【新規会員さまも対象】日本調剤オンラインストア5周年記念キャンペ…

  1. “自称認知症”が急増中! 累計70万部の著者最新刊『脳…

  2. “おいしく”環境問題に取り組む、株式会社FARMER YOU(ファーマーユ…

  3. 認知症チェック 10 帰省時がチャンス! 

  4. 仏壇を処分する手順とポイント

  5. 父の家はゴミ屋敷!最悪の事態を招く前にすべき対策とは?

  1. 親の事が心配になってきたらまず読む 「介護施設の入居にあたって…

  2. 親のことが心配になったら  親が倒れた時どうする?今準備できる…