帰省シーズンを前に「介護施設入居に関する実態調査」を実施 「お金の管理ができない」「火の始末ができない」等の症状が介護施設入居の検討のきっかけに

私は90歳の儀母と主人との三人暮らしです。儀母の口癖が施設に行くくらいなら首をつって死ぬ(笑)

首をつられても困るのですが、デイサービスに行きはじめの時も同じことを言ってましたっけ(笑)

高齢になって新しい環境に飛び込むという事は死にたいくらい嫌なことなのかもわかりませんね 

とはいえ、やはり独りで自宅に置いておくには心配なのでデイサービスから帰ってきたら私の仕事も制限されるのが現状です。 独居の場合は入居してもらうしか選択肢がない気もします。

みなさんはいかがですか?

介護施設への入居を阻んでいる理由として

①ご家族の意向として、自分の手で親を介護したい気持ちが

②「本人は元気だから、施設はまだ早い」と介護者が思っている

③入居の際の金銭負担増を避けたい

④ご本人が頑なに入居を拒んでいる

こんな理由が挙げられます。

しかし、身体状態の低下や認知症の症状は否応なく進行するもの。やがて介護者の精神的・肉体的負担が増え「介護の限界」を迎え共倒れするリスクもはらんでいます。施設検討の最適なタイミングは、本人がお元気で判断能力のあるうちです。なぜなら、ご本人の意思確認ができないと何を優先すべきか施設を選ぶ基準も曖昧になってしまうためです。また、お元気であればご自身でも施設を見学し、「ここにする」と自分で決断できます。

自己選択と自己決定はQOL(生活の質)に大きく影響するもの。早めの検討は納得の住み替えに繋がります。さらに、施設入居という選択肢をもつことは、ご本人にとってもご家族にとっても安心材料になるでしょう。

この夏帰省するご家族もいらっしゃると思いますが、「介護施設ってどう思う?」と感触を聞いてみてはいかがでしょうか。もちろん入居可否をすぐに決める必要はありません。親の介護を一緒に考えたい。まずはその気持ちを伝えることが大切です。

介護施設へ入居するきっかけや介護施設への入居を検討し始めた時期等の実態を把握するため、「介護施設入居に関する実態調査」を⾏いました。

 
本調査は、過去1年以内に介護施設へ入居した家族・親族がいる方、家族・親族の介護施設の情報収集や選定に関与した方を対象に2022年6月に実施したものです。
 

調査結果サマリー

  • 介護施設に入居したきっかけは「自宅で暮らすことが難しい、あるいは危険を伴うようになってきた」が最多。次いで「家族や近親者による介護が難しくなった」。
  • 介護施設入居のきっかけに「認知症の症状」が影響したとの回答は44.2%。具体的には「お金の管理ができない、買い物トラブル」、「火の始末ができない」、「せん妄」という症状が。
  • 家族の介護では「経済的負担が大きかった」、「精神的に追い込まれた、ストレスを感じた」、「肉体的に難しいと感じた、体力が持たなかった」と4人に1人が回答。
  • 介護施設への入居を検討し始めた時期は「入居する4~6ヶ月前」が最多の18.7%。しかし、68.7%がもっと早く介護施設への入居を検討すれば良かったと回答。
  • 介護施設探しの条件は、「月額の利用料」、「スタッフ、入居者の雰囲気」、「スタッフの質」とした人が多い。
  • 介護施設入居後の被介護者の変化では「性格が穏やかになった」20.9%、「体や病気の症状が改善した」18.4%、「明るくなった」17.6%とポジティブな項目が上位に。また、介護者である家族の変化でも「介護疲れが解消した、体力を取り戻した」36.0%、「精神的負担が軽くなった、気持ちが前向きになった」31.1%、「夜眠れるようになった」27.9%とポジティブな項目が並ぶ結果となった。

【調査結果】
介護施設に入居したきっかけ
直近1年間に家族が介護施設に入居した人に対し、入居したきっかけを聞きました。最も多い回答は「自宅で暮らすことが難しい、あるいは危険を伴うようになってきた」42.4%、次いで「家族や近親者による介護が難しくなった」24.0%と続きます。

介護施設入居のきっかけに影響したご本人の状況

介護施設入居のきっかけとして、「自宅で暮らすことが難しい、あるいは危険を伴うようになってきた」、「病院など別の施設から自宅に戻る予定だったが、自宅では暮らせなくなっていた」、「医師、ソーシャルワーカー、ケアマネジャーなど専門職の方から施設入居を勧められた」と回答した人に対し、介護施設への入居のきっかけに影響した“ご本人の状況”を聞きました。
その結果、「認知症の症状があった」(44.2%)という項目が、2位の「認知症以外の病気や怪我があった」(26.6%)に17.7ポイントの差をつける結果となり、認知症の発症が介護施設入居のきっかけに大きな影響を与えていることがわかりました。

介護施設入居に強く影響した認知症の症状
前問で、「認知症の症状があった」と答えた人に、介護施設入居に強く影響した認知症の症状を3つまで聞いたところ、「お金の管理ができない、買い物トラブル」37.9%、「火の始末ができない」29.4%、「せん妄(思考力の低下、錯覚や幻覚を見る、など)」26.8%となりました。これらの症状がみられるようになったら、今まで通りの自宅での暮らしが難しい時期に入ったといえそうです。

家族や近親者による介護が難しくなった理由
次いで、介護施設に入居したきっかけで「家族や近親者による介護が難しくなった」と答えた人にその理由を聞きました。最も多かったのは「介護している者が疲弊した、体調を崩した」であり74.0%が回答しています。第2位の「介護している者が引っ越した」に62.3ポイントの差をつけ、圧倒的に多い結果となっています。

家族の介護で大変だったこと
介護施設への入居のきっかけにもなりうる「介護者の疲弊、体調不良」。介護で大変だったことを聞くと、「何をすればよいかわからなかった」28.7%が最も多いものの、「介護費用などの経済的負担が大きかった」、「精神的に追い込まれた、ストレスを感じた」、「肉体的に難しいと感じた、体力がもたなかった」と4人に1人が回答する結果となりました。

介護施設入居への検討時期
介護施設への入居を検討し始めた時期は「入居する4~6ヶ月前」が最も多く18.7%となりました。しかし、68.7%がもっと早く介護施設への入居を検討すればよかったと回答しており、介護施設への入居検討は早めに行っておくことが重要といえます。

介護施設を探す上で大変だったこと
介護施設を探す上で「何を基準に選んだらいいかがわからない」という人が多く、30.8%が回答しました。次いで、「希望する条件の施設が少ない、見つからない」28.2%、「介護施設探しの段取りがわからない」20.8%と続きます。「何を基準に選んだらいいかがわからない」と最初の一歩で躓いてしまう人が多いようです。

介護施設を探す際に、条件としたもの
では、実際にどのような条件で介護施設を探したのかを見てみると、最も多い回答は「月額の利用料」となり36.4%。次いで「スタッフ、入居者の雰囲気」28.8%、「スタッフの質」24.9%と続く結果となりました。「スタッフ、入居者の雰囲気」や「スタッフの質」など、資料だけではわからない項目も上位となっています。早めに介護施設の見学を行っておくと、多くの条件を、余裕をもって確認できるため、納得できる施設選びができます。

介護施設入居後の変化
介護施設入居後の被介護者の変化では「性格が穏やかになった」20.9%、「体や病気の症状が改善した」18.4%、「明るくなった」17.6%とポジティブな項目が上位に並ぶ結果となりました。

また、介護者である家族の変化については「介護疲れが解消した、体力を取り戻した」36.0%、「精神的負担が軽くなった、気持ちが前向きになった」31.1%、「夜眠れるようになった」27.9%と、こちらも前向きな変化を感じさせる回答が多く集まりました。

「LIFULL 介護」内でも施設選びのポイントや検討タイミングの解説記事を公開中
認知症の症状の有無は、介護施設への入居に大きく関わることが今回の調査でわかりました。LIFULL 介護では、認知症の方が入居する施設選びのポイントや、検討するべきタイミングについて解説した記事をご用意しています。
認知症でも入れる施設選びのポイントは?
https://kaigo.homes.co.jp/manual/dementia/care/select/
家族が認知症、施設を考えるタイミングは?
https://kaigo.homes.co.jp/manual/dementia/care/timing/
また、施設選びの基準や段取りがわからない方に、LIFULL 介護では下記のサービスを提供しています。スムーズな施設探しにぜひご活用ください。
(無料)3分でわかる! はじめての施設さがし診断
https://kaigo.homes.co.jp/consult-search-condition/
(スマートフォンのみ)施設探しのやることリスト
https://kaigo.homes.co.jp/mypage/

<調査概要>【調査方法】WEB調査
【調査エリア】全国
*以下エリア 10 区分
①北海道 ②東北(6 県:⻘森/岩⼿/宮城/秋⽥/⼭形/福島) ③⾸都圏(1 都 3 県:東京/神奈川/埼⽟/千葉) ④その他の関東(3 県:茨城/栃⽊/群⾺)⑤北陸・甲信越(6 県:新潟/⼭梨/⻑野/富⼭/⽯川/福井) ⑥東海(4 県:愛知/静岡/三重/岐⾩) ⑦京阪神(2 府 1 県:⼤阪/京都/兵庫) ⑧その他の関⻄(3 県:奈良/滋賀/和歌⼭)⑨中国・四国(9 県:⿃取/島根/岡⼭/広島/⼭⼝/徳島/⾹川/愛媛/⾼知) ⑩九州・沖縄(8 県:福岡/佐賀/⻑崎/熊本/⼤分/宮崎/⿅児島/沖縄)
【対象者条件】
・20~79歳 男女※未既婚不問、有無職不問
・家族・親族の中で1年以内に介護施設入居者(*)がいる方
・家族・親族の介護施設の情報収集や選定に関与した方
*「介護施設」:介護付き有料老人ホーム、住宅型有料老人ホーム、健康型有料老人ホーム、軽費老人ホーム、サービス付き高齢者向け住宅、特別養護老人ホーム、グループホーム、高齢者向け賃貸住宅、シニア向け分譲マンション、ケアハウス、介護老人保健施設。
【調査期間】2022年6月24日~6月28日

※株式会社ネオマーケティング調べ(2018年5月)
ウェブサイト:https://kaigo.homes.co.jp/

 


                   おとなナビ倶楽部友だち追加

                 https://otonanavi.info/kisei/

          詳しくは→

 

関連記事

  1. 意外と知られていない「妻側が亡くなるリスク」遺族年金は男女平等ではない!?

  2. 認知症チェック 10 帰省時がチャンス! 

  3. 漢方内科医等によるオンライン相談、「高齢者と認知機能」をテーマに受付を開始 いつでも、どこからでも、自分の都合に合わせて、オンラインで漢方相談が受けられます。

  4. ゴルフ5、創業40周年記念キャンペーン第一弾!全国600人以上から、ゴルファーの悩みを解決するクラブフィッターが探せるサイトを公開 年内最大級セール「40周年大創業祭」も12月8日から同時スタート!

  5. メディカル・ケア・サービス株式会社が監修した介護・認知症について考える絵本『おばあちゃんの おうち』の読み聞かせ動画が、公益社団法人 京都市保育園連盟主催の「保育フェスタ(オンライン開催)」にて、期間限定で配信されます

  6. 【遺贈寄付ウィーク2023】シニアのペット終生飼育に関する悩みと遺贈寄付を通じた備え

  7. 【LIFULL 介護】老後について家族とどこまで話し合ったか。7割近くが話し合っていることはないと回答

  8. 70歳以上の男性で便秘が急増!高齢者にとって便秘は危険なサイン!? 冬こそおなかケアを! 「2/12は乳酸菌のくすりの日」キャンペーンを実施

  9. 親の事が心配になってきたらまず読む 「介護施設の入居にあたって参考」にしたいこと

  10. 【介護ホームに短期宿泊】10月3日(月)~10月9日(日)『安心できる住環境』で、ゆったりと季節を愉しむ秋の「短期宿泊(ヘルスケアステイ)」サービス!予約受付中 CCRC豊泉家 芦屋山手(所在地:兵庫県芦屋市剱谷9番地1)

  11. 【新商品】橘香園から厳選した樹木から搾ったプレミアムな蜜柑搾りが数量限定で先行販売!

  12. 農園とガーデンを併設したサービス付き高齢者向け住宅 「ココファンガーデン新潟亀田」新規オープン! 高齢期の暮らしの付加価値を高める、新たな形の高齢者向け住宅

カテゴリー

  1. 国内主要8空港のANA SPECIAL ASSISTANCE カウンターに「ミライスピ…

  2. 【新国立劇場】《プッチーニ没後100年の今こそ観たい『トスカ』!名…

  3. 【バイク好き235人に聞いた】バイクで走りたい都道府県ランキング!

  4. 人生100年時代、“オトナ世代”を元気に笑顔に!文化放送「オトナのホ…

  5. 空き家オーナー向け「パンフレット」を作成し、WEBサイトよりダウン…

  1. “自称認知症”が急増中! 累計70万部の著者最新刊『脳…

  2. “おいしく”環境問題に取り組む、株式会社FARMER YOU(ファーマーユ…

  3. 認知症チェック 10 帰省時がチャンス! 

  4. 仏壇を処分する手順とポイント

  5. 父の家はゴミ屋敷!最悪の事態を招く前にすべき対策とは?

  1. 親の事が心配になってきたらまず読む 「介護施設の入居にあたって…

  2. 親のことが心配になったら  親が倒れた時どうする?今準備できる…