~腸内環境を整えると どんなメリットが?~「腸活」に関する調査

https://www.n-info.co.jp/report/0049

近年、腸内環境を整えることが健康や美容にも良い影響を与えることがわかってきています。腸内環境をより良い状態にするための食事の摂り方や運動、生活習慣の見直しなどを行う、『腸活』という言葉も定着しつつあるようです。特に、「新型コロナウイルス」感染拡大以降、体の免疫力を高めることにより、ウイルスへの感染や重症化リスクの軽減も期待されるといった報道もみられ、『腸活』への期待や関心が続いていると推察されます。

そこで、日本インフォメーション株式会社(代表取締役社長:斎藤 啓太 以下、日本インフォメーション)では、現在の『腸活』に対する取り組み状況を明らかにするために調査を実施しました。

※詳細な調査結果資料(その他の質問/自由回答/属性別分析を含めたクロス集計データ/報告書)を無料にて配布しております。

ご希望の方は、以下のURLの「資料請求はこちら」からお気軽に問い合わせください。

https://www.n-info.co.jp/inquiry/report/

※ご希望の資料名に「~腸内環境を整えるとどんなメリットが?~腸活に関する調査」対処法とは~気温変化に伴う身体ケアに関する意識・行動調査」と記載ください

■調査結果について

■主な調査結果

1)『腸活』の認知・実施状況/実施期間

・『腸活』の認知・実施状況をみると、全体では『腸活』認知者が77.3%、『腸活』実施経験あり者は31.7%となっており、『腸活』認知者の約4割が、『腸活』を実施したことがあるという結果となっています。

・「現在『腸活』を行っている」と回答した人は全体の21.3%となっており、性別にみると男性では19.4%、女性では23.2%。なお、性年代別にみると、男女ともに60代では他の年代を上回る実施状況となっています。

・『腸活』現在実施者に、『腸活』の実施期間を確認したところ、男女ともに「新型コロナウイルス」の感染拡大以降に『腸活』を開始した人の割合が多く、「3年未満・計」が5割を占めています。

2)自身の体や健康の悩み

・自身の体や健康の悩みについて、『腸活』の現在実施状況別に区分し、<実施あり層>と<実施なし層>における選択率の差分(Gap)を確認したところ、全体では「便秘・下痢」、「目の悩み」、「首や肩のこり」といった項目で<実施あり層>が<実施なし層>を15ポイント前後上回っています。『腸活』により、このような体の不調を整えていきたいといった様子が窺えます。

・性別の結果は下表の通りで、「便秘・下痢」、「目の悩み」は男女ともに<実施あり層>と<実施なし層>の差分が大きくなっています。

3)『腸活』により期待する効果 

・『腸活』現在実施者に『腸活』により期待する効果を確認したところ、全体では「便秘の改善」が39.0%と最も高く、以下、「免疫力の向上」(37.1%)、「ダイエット」(24.9%)の順となっており、最も期待する効果としては「便秘の改善」(26.8%)が他の項目を上回っています。

・最も期待する効果を性別にみると、男性では「免疫力の向上」(22.7%)が最も高くなっています。一方、女性では「便秘の改善」(33.6%)が最も高くなっています。

4)腸活』を目的として摂取している食品/ 『腸活』の実施内容組み合わせ

・『腸活』現在実施者に『腸活』を目的として摂取している食品を確認したところ、全体では「ヨーグルト」が57.3%で最も高く、以下、「納豆」(39.4%)、「乳酸菌飲料」(32.9%)の順となっている。また、最も効果を感じているものとしても「ヨーグルト」が23.5%で最も高く、他の食品を大きく上回っています。

・性別にみると、男女ともに「ヨーグルト」が最も摂取されており、最も効果を感じる食品となっています。

・『腸活』現在実施者における実施内容の組み合わせをみると、男女ともに「食品&運動いずれも実施」が6割台となっています。

5)今後、摂取したいと思う栄養素

・『腸活』に限らず今後、摂取したいと思う栄養素を確認したところ、全体では「食物繊維」が35.0%で最も高く、以下、「乳酸菌」(34.5%)、「ビタミンC」(29.5%)、「ビフィズス菌」(24.8%)、「タンパク質(プロテイン)」(24.4%)の順となっています。

・『腸活』実施状況別にみると、現在実施あり層では「乳酸菌」、「ビフィズス菌」、「食物繊維」を選択する割合が5割を超えており、いずれも現在実施なし層を30ポイント前後上回っています。

以上、~腸内環境を整えるとどんなメリットが?~腸活に関する調査を抜粋してお伝えしました。

---------------------------------------------------

※詳細な調査結果資料(その他の質問/自由回答/属性別分析を含めたクロス集計データ/報告書)を無料にて配布しております。

ご希望の方は、以下のURLよりお気軽に問い合わせください。

https://www.n-info.co.jp/inquiry/report/

※ご希望の資料名に「~腸内環境を整えるとどんなメリットが?~腸活に関する調査」と記載ください

■調査概要

調査地域:日本全国

調査対象:20~69歳 男女

調査実施期間:2023年8月29日~8月30日

調査手法:インターネットリサーチ

サンプルサイズ:有効回収計 1,000サンプル

「日本インフォメーション(株)調べ」

関連記事

  1. 双日、大阪府堺市泉北ニュータウン地域においてデマンド交通サービスの実証実験を開始 ~地域交通の課題解決に挑戦~

  2. AIによる献立・栄養管理支援アプリおいしい健康×伊藤園「お〜いお茶」 毎日の飲み物・食事・生活リズムを記録する健康管理アプリ「お茶リズム」をリリース 〜お〜いお茶「カテキンで茶レンジ」キャンペーンを同時開催〜

  3. 世界アルツハイマー月間を記念し、医療鑑定のメディカルリサーチが「遺言能力・意思能力鑑定」のキャンペーン実施中!/認知症による遺言トラブル・高齢者トラブル回避策 9月は「世界アルツハイマー月間」 9月21日は「世界アルツハイマーデー」

  4. ちょっとあるある! 今年もくすっと笑えます 「有老協・シルバー川柳」

  5. 実家じまいのきっかけと大変さとは?経験された方にアンケート!

  6. ゴルフ5、創業40周年記念キャンペーン第一弾!全国600人以上から、ゴルファーの悩みを解決するクラブフィッターが探せるサイトを公開 年内最大級セール「40周年大創業祭」も12月8日から同時スタート!

  7. 和雑貨【倭物やカヤ】大分県・由布院「湯の坪街道」にオープン! 【和の佇まい】雑貨や書籍で日本文化を深堀し、現代生活へ提案する「Japan crafts museum shop 」

  8. 宮内庁御用達の窯元・深川製磁が数量限定、特別価格で販売!春におすすめのスターターセット登場

  9. 福祉のためのトータルアシストブック「おむすび」東京版が発行!高齢者向けの住宅情報などの介護福祉情報が盛りだくさんの専門誌 ~冊子作成を就労継続支援事業所に依頼することで、SDGsにも繋がる取り組み~

  10. 1・2月出発はお得!山口・下関名物「ふく」を食す、「下関フクふくドライブ4日間」販売開始!さらに唐戸市場お買い物券もプレゼント!

  11. 近隣にお住いの方々に、適切な栄養分の摂取と健康寿命延伸の両立を目指し、お弁当(夕食)を提供する「おとなりさん弁当」サービスを3月22日より開始します。

    サービス付き高齢者向け住宅が、近隣住民に向けて「おとなりさん弁当」を提供 管理栄養士立案、手作りの料理を地域の健康維持と見守りの一助に グランメゾン迎賓館京都嵐山にて3月22日より開始

  12. ダスキン レントオール『UDe-Sports(ユーディイ- スポーツ)Ⓡ』2024 年6月10 日(月)からレンタル開始

カテゴリー

  1. 国内主要8空港のANA SPECIAL ASSISTANCE カウンターに「ミライスピ…

  2. 【新国立劇場】《プッチーニ没後100年の今こそ観たい『トスカ』!名…

  3. 【バイク好き235人に聞いた】バイクで走りたい都道府県ランキング!

  4. 人生100年時代、“オトナ世代”を元気に笑顔に!文化放送「オトナのホ…

  5. 空き家オーナー向け「パンフレット」を作成し、WEBサイトよりダウン…

  1. “自称認知症”が急増中! 累計70万部の著者最新刊『脳…

  2. “おいしく”環境問題に取り組む、株式会社FARMER YOU(ファーマーユ…

  3. 認知症チェック 10 帰省時がチャンス! 

  4. 仏壇を処分する手順とポイント

  5. 父の家はゴミ屋敷!最悪の事態を招く前にすべき対策とは?

  1. 親の事が心配になってきたらまず読む 「介護施設の入居にあたって…

  2. 親のことが心配になったら  親が倒れた時どうする?今準備できる…