親のことが心配になったら  親が倒れた時どうする?今準備できることは?

親が高齢であると親の生活やこれからのこと、子である自分は何をすれば良いのか、考えたことはありますか?

親が高齢であるとこれから様々なことが考えられます。
元気そうに見えても高齢の親が倒れる可能性は低くありません。万が一があってからでは遅いです。

「ちゃんと準備をしておけばよかった」そんな後悔をしなくても良いように緊急事態に備えて早いうちから準備をしておくことが大切です。

親が病気で倒れたら?

親が倒れたという連絡は前触れもなく突然やって来ます。

突然のことにパニックになるかもしれませんが、まずは気持ちを落ち着かせ、冷静になりましょう。

緊急な状態であればまずは救急車を呼ぶ事が大前提。元気なうちに「救急相談窓口」が存在してるのかを「地域名 救急相談窓口」と検索をして、確かめておくようにしましょう。

全国の一般救急相談センター窓口一覧

また、各都道府県の「医療情報ネット」を確認すれば、夜間・休日に開いている地域の病院などの情報を得ることができます。緊急時にも慌てないように、対応するようにしましょう。

介護が必要な状態になったら?

親が病気になり、完治しなかったり、後遺症が残った場合などは介護が必要になります。

医者から介護が必要と言われた時や介護がいざ始まるという時は各地域にある介護の相談窓口、地域包括支援センターに相談にいき、要介護認定を受けるようにしましょう。

そして介護のスケジュール、どのような介護体制で親の介護をするのか、介護の専門家であるケアマネージャー、地域包括支援センター、家族・親戚と相談することが大切です。詳しくは↓↓

 

突然亡くなってしまったら?

起きたら親の反応がない。病院に入院していたらそのまま症状が悪化し、亡くなってしまう。高齢の親をお持ちの方はこのような事例も少なくありません。親が亡くなってしまった時は、一旦気持ちを落ち着けましょう。

そして、次のように行動してください。

①医者からすぐに死亡診断書ををもらいます
②葬儀社を決めるなど、葬儀の準備をします
③遺体の搬送をします←葬儀社にお願いできます
④お通夜・お葬式の打ち合わせをします
⑤死亡届を市町村役場に届け出をします(葬儀社に代行してもらうことも可能)
⑥火葬許可書の手続きの申請をする (葬儀社に代行してもらうことも可能)
⑦お通夜
⑧葬儀・告別式
⑨火葬

高齢の親はいつ病気を発症するか、介護が必要になるか、この世を 去るのかわかりません。親が元気なうちに以下の準備をお勧めします。

 

親の身の回りのものを整理しておく
親が認知症になったり、意識不明の重体など意思の疎通が効かない状態に陥ってしまうと親の周りの通帳、印鑑などがどこにあるのか子もわからなくなります。親が元気な今のうちから親の身の回りのものを整理、確認しておくようにしましょう。

①護保険証、健康保険証はどこにあるのか②親の通帳、印鑑はどこにあるのか
③のお金周りのこと(資産、借金、ローンなど)お金のことですから中々話しにくいことではありますが、「親友の親が病気で倒れて、お金が下ろせなくなり大変なことになったんだって」などの切り口から聞いてみるのがおすすめです。

無理矢理聞こうとすると関係が悪化してしまう場合も多いようなので、早いうちから親とのコミュニケーションを意識的にとり、身の回りのことを確認しておくようにしましょう。
高齢の親に緊急事態が発生した時に、自分の考えと家族・親戚との考えが全く噛み合わず、親の今後のこと、お金のこと、誰が面倒をみるかなどを巡り、揉めてしまうケースが多々あります。そうならないためにも親のことについて家族・親戚と親がまだ元気な早いうちから話し合いをしておくことが大切です。

以下の事を話し合っておく事をお勧めします。

①護や入院したときには誰が主として親の世話を担当するのか、分担はどうするのか
②親が自分でお金の管理ができなくなった時、誰が親のお金の管理をするか
③の入院費用、介護費用の分担はどうするか

親のことが心配になったら 学んでおきたい準備は? ←参照

関連記事

  1. AIによる献立・栄養管理支援アプリおいしい健康×伊藤園「お〜いお茶」 毎日の飲み物・食事・生活リズムを記録する健康管理アプリ「お茶リズム」をリリース 〜お〜いお茶「カテキンで茶レンジ」キャンペーンを同時開催〜

  2. 9月19日敬老の日に、おふろcafe 白寿の湯にて60歳以上限定の交流イベント「風呂コン」を開催します 高齢者の方々が集える場所と機会を増やし、健康で生き甲斐をもって暮らせる地域のコミュニティの活性化を応援します

  3. 福岡市では、人生 100 年時代を見据えた持続可能なまちをつくるプロジェクト『福岡 100』の取組みの一 つとして、「Qottaby(キューオッタバイ)」で高齢者等の街中見守りサービスを開始します

  4. 色・形・言葉・漢字を組み合わせた脳トレ&クイズで物忘れ予防!『脳科学者×介護士が本気で考えた脳が若返る毎日ひらめきテスト』発売

  5. クリスマスを前に、【100年生活者調査~子ども心編~】を実施 人生100年時代、幸福の鍵は大人らしさに「子ども心」を加えることにあり

  6. 食パンが驚くほど美味しくなる、簡単な3つのポイント!🙌

  7. <オリエンタルホテルズ&リゾーツ施設横断フェア第2弾>古き良き昭和のレストランにタイムスリップした気分になれるメニューが目白押し!「昭和レトロブッフェ」

  8. CONTACT

  9. 【LINEリサーチ】お年寄りだと思う年齢の全体1位は70~74歳、10代・20代では60代からお年寄りと認識する傾向 年齢にギャップを感じる有名人1位は「明石家さんま」、次いで「水谷豊」「竹内まりや」

  10. 【木下レオンの2023年開運キャンペーン  開運日が分かる待ち受けカレンダープレゼント】が月額公式サイト『木下レオン◆帝王数』にて開催中!

  11. 株式会社 PoliPoli(代表者:伊藤和真)は、2020年4月6日(月)、国会議員の新型コロナウイルス対策の政策へ、直接意見を届けられる特設サイトをリリースしました。

  12. アドベンチャーワールド(和歌山県白浜町)で暮らすジャイアントパンダ「永明(えいめい)」「桜浜(おうひん)」「桃浜(とうひん)」の3頭は、2023年2月22日(水)に中国四川省の成都ジャイアントパンダ繁育研究基地へと旅立つことが決まりました。これに伴い1月20日(金)~2月21日(火)の間、旅立ちに向けて3頭の健康状態を確認するために必要な検疫期間を設けます。また、この期間を3頭とのお見送り期間として、ゲストの皆様のご観覧を予定しています。

カテゴリー

  1. 【新規会員さまも対象】日本調剤オンラインストア5周年記念キャンペ…

  2. いよいよですね!パリ五輪・『バレーボール男子日本代表 応援BOOK…

  3. 7月24日(水)は土用の丑の日。大丸梅田店では「うなパラ!」を開…

  4. 株式会社郵便局物販サービスは、『スヌーピーグッズ』を2一部の郵便…

  5. 第1弾が大好評の「川島隆太教授の運転免許認知機能検査」シリーズに…

  1. “自称認知症”が急増中! 累計70万部の著者最新刊『脳…

  2. “おいしく”環境問題に取り組む、株式会社FARMER YOU(ファーマーユ…

  3. 認知症チェック 10 帰省時がチャンス! 

  4. 仏壇を処分する手順とポイント

  5. 父の家はゴミ屋敷!最悪の事態を招く前にすべき対策とは?

  1. 親の事が心配になってきたらまず読む 「介護施設の入居にあたって…

  2. 親のことが心配になったら  親が倒れた時どうする?今準備できる…