人生100年時代に必要なのは「和魂ナン食」!?食文化研究家 永山久夫先生による「ナン食」のススメ すき焼きやきんぴらごぼう等、実は美味しいナンと和食の食べ合わせレシピも紹介

世界のパンを提供するデルソーレ(株式会社ジェーシー・コムサ、東京都渋谷区、会長:大河原愛子)は、ナンが日本人にとって身近であると感じてもらい、より食卓で楽しんでもらうことを目的に『デルソーレ党』を発足し、「#ナンは和食」プロジェクトを実施しています。今回は、日本におけるナン食に関して、日本の食文化に精通した人物である、食文化史研究家 永山久夫先生にお話を伺いました。
URL:https://delsole-nan-washoku.com/project/001/

  • 「和魂洋才」から生み出される新しい時代の和食

永山先生は、「和魂洋才(わこんようさい)」という言葉があるように、日本は、古来の文化を重んじながら、外国の文化を取り入れて日本を国際的に作り変えることに長けていると言及し、ナンに関しても「和魂ナン食」を推奨しました。

現在では、タンドール窯で焼いたものをナンと呼称するものの、原始的なナン、薄焼きのパンという意味でいうと、日本においては縄文時代まで歴史を遡るといいます。また、薄焼きのパンは千利休が茶菓子としてナンに甘味噌と生姜を合わせ食べていたという記録もあり、江戸時代には、薄焼きのパンは日本でメジャーな存在となっていたそうです。

また、ナンを和食と呼んでいいかということにも言及し、小麦を使ったごはんを日本食と呼ぶことに関して問題はないとも述べました。ナンと一緒に食べることの多いカレーに関しても本家のものとは大分変化していることから、ナンを和食と言っても良いと述べますが、敢えて言うなれば、「新しい時代の和食」という言い方になるとも言及しました。

  • 日本にナンがお勧めな理由

現在、高齢化の問題や新型コロナウイルスによる未曾有の状況があり、「和魂洋才」の言葉が生まれた明治時代の日本と同様、変化が求められる時代であると語ります。

スープに付けるために”ちぎって食べる”ナンは、食べる際に脳に繋がる多くの神経細胞がある指先を使い、刺激するため、脳の機能低下や脳の若返りにつながると述べ、高齢化社会の日本においてナンは主食として最適な食材であると言及しました。

また、今回の新型コロナウイルスによる不自由な生活の経験を通し、多くの人が感じた「人生は楽しまなければ損」という感情。永山先生は、ナンと色々な食材との食べ合わせを試す、また会話をしながら試すことで、人生を楽しむ大きな要素である「食」をより楽しんで欲しいとインタビューを締めくくりました。

  • ナンとともに食べる日本食「ナンスキ」
永山先生考案の食べ方「ナンスキ」

永山先生考案の食べ方「ナンスキ」永山先生は、ナンの和食としての食べ方として、ナンをすき焼きと共に食べる「ナンスキ」を実践していると言います。普通のすき焼きでは牛肉を使いますが、ナンスキでは豚肉を使い、すき焼き自体に卵をかけ、卵が少し固まったタイミングでナンとともに具材を食べたり、ちぎったナンを汁につけて食べると絶品だそうです。
ビタミンB1を豊富に含む豚肉とともに食べることで炭水化物の燃焼をサポートしてくれるので、栄養としての組み合わせも抜群です。

すき焼きの他にも、ナンはひじきの煮つけやきんぴらごぼう、ツナカレーなどの和食とも合うと言います。

  • 永山さん直伝、「究極のカレー」

加えて、永山先生に、味と栄養吸収の面で究極と言えるカレーの作り方を教えていただきました。作り方はとても簡単ですが、手のばしナンにとてもよく合い、野菜の細胞を壊し、スープ上にすることで栄養吸収に優れていると言います。

栄養を無駄なく摂取できる永山先生考案「究極のカレー」

栄養を無駄なく摂取できる永山先生考案「究極のカレー」〈レシピ〉
①豚肉・タマネギ・ニンジン・ホウレンソウ・キャベツ・ニンニクを細かく切り煮込こむ。
②形が残った具材は濾すかミキサーにかけるなどしてトロトロのスープ状にする。
③カレーパウダーを入れ、塩と砂糖で味をつける。

※野菜によるとろみがあるので小麦粉を入れる必要はなし。
※とろみが好きな方は全粒粉などを混ぜてとろみを強める。 

  • デルソーレ党による「#ナンは和食」プロジェクト

デルソーレは、世界のパンを日本に伝え、身近にしてきたブランドです。日本のより多くの人にナンを身近に感じてもらい、より食卓で楽しんでもらうために『デルソーレ党』を発足しました。

特設サイト(URL:https://delsole-nan-washoku.com/)および公式twitterアカウント(@nan_ha_wasyoku)にて、ナンをより食卓で楽しんでもらえるような魅力の発信を行い、活動への賛同を求める署名運動を実施しています。名前を記載し、SNSで投稿してもらうだけで、誰でも簡単に署名いただけます。

今後も特設サイト/SNSでは、ナンのオリジナルレシピ公開やトリビア紹介、抽選でナンが当たるキャンペーンなど、様々なコンテンツを提供していきます。プロジェクトの中で、ナンは日本の人にとって身近な食材であり、“和食”であるという認識の普及活動を通し、日本の食卓にナンを広めていきます。

  • ナンについて

ナンは、パン生地を薄くのばして焼いたインドの平焼きパンです。ナンはもともと北インドの高級レストランで食べられていたものであり、それ以外の地域ではナンの代わりに“チャパティ”という別の薄焼きパンが多く食べられています。日本のインド料理店で見かける大きい形のナンは、インドなど現地の一般家庭では殆ど食べられていません。

また、インドでよく食べられているチャパティと日本のナンは見た目も味も異なります。日本におけるナンと言えば、大きいひょうたんのような形ですが、チャパティはフライパンほどの大きさの円形をしています。

加えて、日本で食べられるナンの甘い味わいやモチモチとした食感は、日本人の口に合うように味わいが改良されたものであり、普段日本人が口にしているナンは、日本で独自に進化してきた食といえます。

  • デルソーレのナン 商品について

デルソーレでは、異なるサイズや原材料のナンを種類豊富に販売。カレーとのセット販売も行っているため、ナンを自宅で、気軽にお楽しみいただけます。 

■発売場所:
全国のスーパー
■希望小売価格:
手のばしナン 210円(税抜)
手のばしナン&カリーセット 392円(税抜)
手のばしミニナン 322円(税抜)
ブランナン 238円(税抜)

  •  デルソーレについて

デルソーレ(DEL SOLE)とはジェーシー・コムサが提供しているブランドです。
ジェーシー・コムサはフローズンピザを日本にはじめて紹介した日本におけるピザのパイオニアとして1964年に創業。以来、「妥協しない心」と「巧の技」で質の高い製品づくりを心がけています。ピザで養った製造技術を応用し、ナン・トルティーヤ・フォカッチャといった世界のおいしいパンを「小麦ごはん」として発信しています。

デルソーレ ブランド公式サイト         :https://delsole-komugigohan.jp/
デルソーレショップ                         :https://delsole-komugigohan.jp/shop/

画像

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は aikon2-1.jpg です

親の事が心配になったらまず読むページはこちらから↑↑画像をclick!

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は kyounonoutore.jpg です

関連記事

  1. 老後のリスクを簡単に診断! ウルフィアプリ内で老後の悩みを無料で専門家に相談できるアンケートを実施中ウルフィアプリをダウンロードしてアンケートに回答しよう!!!

  2. 親を介護するためにもっとも重要なことは?Surfvoteで意見投票開始

  3. 【10月10日は転倒予防の日】作業療法士が教える「ケガをしない家づくり」出版記念イベントを10月14日(土)広島・エディオン蔦屋家電で開催

  4. 有料老人ホーム・グループホームにおいて、見学された方を対象に「ジェフグルメカード(全国共通お食事券)」のプレゼントを行う「オンラインでは分からない!現地に行こう!見学キャンペーン」を実施です(対象は⇓⇓)

  5. 【五山送り火】限定銘菓を京都で、WEBで。京の夏の夜空を照らす大文字を、美味しい和菓子でお楽しみください。

  6. 経年調査!シニアは健康のためにどの程度お金をかけるのか?全国の60歳以上の男女1000人に聞いた「2020年シニアの健康に関する調査」

  7. 白馬乗鞍温泉スキー場、雪山で海鮮を振る舞うゲレンデ飯イベント「HAKUBAVALLEY meets Sea of Japan〜白馬乗鞍 冬の糸魚川シーフード祭り〜」を2月10日(土)より3日間限定開催

  8. 【女性の健康に関する意識調査】人に相談しにくい悩み「頻尿、尿漏れ、膀胱炎」が多数を占める結果に 30~40代の5人に1人が尿トラブルを抱えている実態が判明 専門家は、75歳までは改善の可能性が高いと言及

  9. <定年退職を控える50代/定年退職をした60代以上のシニアに聞いた「定年後の働き方」に関する意識調査>定年退職間近のサラリーマン、7割以上が「定年後も働きたい」と回答

  10. 【遺贈寄付ウィーク2023】シニアのペット終生飼育に関する悩みと遺贈寄付を通じた備え

  11. 【受講者募集】技能講習のご案内《高齢者活躍人材確保育成事業(厚生労働省委託)》 60歳以上の方の就業を応援します!―受講料・テキスト代無料―

  12. 株式会社MIMSAPORTは、医療従事者が寄り添う旅行アテンドサービス「そいたび」を開始します。

カテゴリー

  1. 【新規会員さまも対象】日本調剤オンラインストア5周年記念キャンペ…

  2. いよいよですね!パリ五輪・『バレーボール男子日本代表 応援BOOK…

  3. 7月24日(水)は土用の丑の日。大丸梅田店では「うなパラ!」を開…

  4. 株式会社郵便局物販サービスは、『スヌーピーグッズ』を2一部の郵便…

  5. 第1弾が大好評の「川島隆太教授の運転免許認知機能検査」シリーズに…

  1. “自称認知症”が急増中! 累計70万部の著者最新刊『脳…

  2. “おいしく”環境問題に取り組む、株式会社FARMER YOU(ファーマーユ…

  3. 認知症チェック 10 帰省時がチャンス! 

  4. 仏壇を処分する手順とポイント

  5. 父の家はゴミ屋敷!最悪の事態を招く前にすべき対策とは?

  1. 親の事が心配になってきたらまず読む 「介護施設の入居にあたって…

  2. 親のことが心配になったら  親が倒れた時どうする?今準備できる…