だれでも高級盆栽のオーナーになれる【支援型】NFTプロジェクトが今月22日から開始 松盆栽生産日本一の高松から世界に向けて

盆栽生産者のマーケティング支援を行う盆栽エージェンシー(香川県高松市)は、棚や畑の盆栽から収益を産み出し盆栽産業を持続可能にするため、ブロックチェーン証明付き高級盆栽のオーナーになれるNFTプロジェクト「THE BONSAI」を開始。2022年9月22日(木)より、公式Twitterで年内に販売予定のNFTの情報や生産者や産地の様子を発信します。プロジェクトには高松市鬼無町で100年以上続く老舗盆栽園・北谷養盛園の参加が決定。高松市内、他の盆栽園にも参加を呼びかけていきます。

「THE BONSAI」公式Twitter:@THEBONSAI_nft   https://twitter.com/THEBONSAI_nft

 

背景

盆栽は今や海外でも人気のあるクールジャパンを代表するコンテンツの一つです。ただし、足元をみると国内市場の縮小、愛好家や生産者の高齢化など課題が山積みです。とりわけ、松盆栽の産地で有名な高松でも後継者不足も含め大きな課題を突きつけられています。このまま盆栽の生産が終わってしまうのではないか、そう心配する声すらあります。そこで、権利証明にも使うことができるNFTを使い、盆栽の所有の概念そのものを変えることを考えました。つくって売るだけでなく、棚や畑の盆栽からも収益を得るという考えです。NFTの販売収益がベーシックインカムのようになれば、収益の多角化と生産の効率化がはかれるはず。一方、NFTホルダーは難しい盆栽の管理から解放されたうえで、高級盆栽のオーナーという非日常体験を得ながらスマートに盆栽産業を支援できます。

 

たまに自分の盆栽を観に行く贅沢な時間。普段はデジタルで楽しむ

 

NFTホルダーと生産者の関係NFTホルダーと生産者の関係

「THE BONSAI」は本物の高級盆栽のオーナーになれるNFTです。管理はそのままプロに任せるので、だれでも安心して盆栽のオーナーになれます。実は、昔から盆栽界には自分の盆栽を生産者に預けたままにする「あずけ盆栽」という楽しみ方がありました。「THE BONSAI」は、この贅沢な大人の遊びをNFTを使いデジタル化。年に数回、自分の盆栽を見に行く旅は贅沢な時間になるはずです。普段はSNSやDiscord(コミュニティ)で自分の盆栽に触れることができます。

 

*「THE BONSAI」は「かがわビジネスモデル・チャレンジコンペ2021」優秀賞を受賞しました。
(ビジネス香川記事 2022.03.01)https://www.bk-web.jp/post.php?id=2518

一人で所有できるタイプから開始。ニーズを踏まえ、複数人で所有するタイプも

■一人で所有

1本の盆栽を一人で所有するタイプ。基本は1年、2年などの所有期間を設けます。NFTホルダーにはTwitterのヘッダー画像等にも使える特別なNFTをプレゼント予定。また期間内であれば転売も可能です。

  • 価格:0.5ETH〜(1年間)※価格は変更の可能性があります
  • 対象盆栽:成長が期待できる黒松、五葉松、赤松など(高級盆栽)

■複数人で所有

1本の盆栽を複数人で所有するタイプ。盆栽園の看板木と言える超高級盆栽のオーナーになれます。転売も可能。生産者がさらに盆栽を良くして展覧会に出品するなどの目的を設定したクラウドファンディングにも近い。実際はユーザーの声を聴きながら柔軟にサービスを設計していく予定。盆栽の価値が高まれば、NFTの2次流通での取引増も期待できます。

  • 価格:未定
  • 発行数:未定
  • 対象盆栽:盆栽園の看板木といえる黒松、五葉松など(超高級盆栽)

 

 

すべての盆栽にはNFT(デジタル証明書)が付く

「THE BONSAI」に登場するすべての本物の盆栽にはNFTが発行され、作品に関わるさまざまな情報が記録されます。アート作品の真正性の担保を目的にスタートバーン株式会社が開発した「Startrail PORT」のNFCタグを利用し、本物の盆栽とNFTを紐付けます。web環境があれば誰でもNFTに記録されている情報を閲覧することができます。

 

本物の盆栽とNFTの関係本物の盆栽とNFTの関係

今後の展望 ―NFTで盆栽の所有を変える―

「盆栽を持続可能な産業にする。」必要なのは作って売るだけのフロー型ビジネスから新たな価値を創造するストック型ビジネスへの転換です。棚や畑にある盆栽から収益を生むことで経営が安定し、より選択と集中が可能になり生産効率は高まります。一方で新たな盆栽ファンの獲得も急務です。盆栽が現在の住環境に合わないのは明白なうえ、管理面のハードルの高さが参入障壁になっています。これらの課題に対し「THE BONSAI」は解決策になり得ます。これまでの常識にとらわれず 、新たな価値作りにチャレンジしていきたいと思います。

 

高松市にある盆栽畑高松市にある盆栽畑

盆栽エージェンシーについて

松盆栽生産日本一の高松で盆栽生産者のマーケティング支援を行う。YouTube運営、メルマガ配信、有料教材の制作・販売など。

 

盆栽エージェンシー

  • 所在地:香川県高松市
  • 事業主:玉井謙二
  • 事業内容:盆栽生産者のマーケティング支援
  • 設立:2022年4月

北谷養盛園について

初代が瀬戸内の島々から「山採り」した樹齢100年以上と推定される貴重な黒松が400~500本ある。現在の園主は4代目、100年以上盆栽の技が受け継がれている老舗盆栽園。

北谷養盛園

関連記事

  1. キューサイ株式会社「BASED COLLAGEN(ベースドコラーゲン)」は、女性のための健康雑誌 『からだにいいこと』2月号の、年に1回開催される、「本当にからだにいい」と認定した商品やサービス、テクニック等に贈られるアワード「からだにいいこと大賞2023」にて、総合得点が最も高かった商品に贈られる“大賞”を受賞いたしました。

  2. クスリと笑えて、ホロリと泣ける――小林秀雄賞作家が、認知症になった父親の介護体験を書いた『おやじはニーチェ 認知症の父と過ごした436日』を刊行します!

  3. ガムを噛む習慣のある高齢者は口腔機能のみならず、身体機能、認知機能が高いことが明らかに

  4. 手順はレンジで1度チンするだけ!手軽で美味しく、バリエーションも豊富!著者累計750万部の料理研究家のレシピ本発売!

  5. 地域の自然や暮らし、伝統・文化に根差した持続可能な観光(サステナブルツーリズム)「知らない日本に、泊まってみよう。」『STAY JAPAN』

  6. 厳選した素材と熟練した技術で常に進化し続け、新たなスイーツを提案する「コンディトライ神戸」が3月6日(水)~3月14日(木)の期間、アミュプラザ小倉に期間限定出店いたします。

  7. 睡眠専門医が警鐘!睡眠問題と生活習慣病の知られざる「負のスパイラル」 特に50・60代は、この秋にこそ生活習慣病とその入り口「不眠」への対策が必須! 医師・管理栄養士監修/人気料理研究家 島本美由紀さん考案 温かくて美味しい「良眠みそ汁」レシピを公開!

  8. 新語・流行語大賞(2022)年間大賞は “村神様”だけどシニアのトレンドは?

  9. 【9/18は敬老の日!】『素敵なあの人』が60代女性の「おばサー事情(友達事情)」を大調査

  10. 陸と空、それぞれの舞台の第一線で挑戦を続ける松山英樹選手・室屋義秀選手の応援展示7月5日(火)より展示開始

  11. 【今までの食パン業界の常識に挑戦】創業290年の伝統の胡麻油との異色なコラボにより生まれた『皇帝の食パン』が6月18日からMakuake限定販売スタート! パンの美味しさを追求する中で辿り着いた『290年の歴史ある高級胡麻油』。「ここまで美味しいパンは今まで食べたことがない」と言わせる高級食パンが完成しました。↓↓から買えます!

  12. ベストセラ―『男の品格』の著者に認知症宣告‼ 当事者として“老い”と向き合った『ボケの品格 清く、気高く、いさぎよく』

カテゴリー

  1. 国内主要8空港のANA SPECIAL ASSISTANCE カウンターに「ミライスピ…

  2. 【新国立劇場】《プッチーニ没後100年の今こそ観たい『トスカ』!名…

  3. 【バイク好き235人に聞いた】バイクで走りたい都道府県ランキング!

  4. 人生100年時代、“オトナ世代”を元気に笑顔に!文化放送「オトナのホ…

  5. 空き家オーナー向け「パンフレット」を作成し、WEBサイトよりダウン…

  1. “自称認知症”が急増中! 累計70万部の著者最新刊『脳…

  2. “おいしく”環境問題に取り組む、株式会社FARMER YOU(ファーマーユ…

  3. 認知症チェック 10 帰省時がチャンス! 

  4. 仏壇を処分する手順とポイント

  5. 父の家はゴミ屋敷!最悪の事態を招く前にすべき対策とは?

  1. 親の事が心配になってきたらまず読む 「介護施設の入居にあたって…

  2. 親のことが心配になったら  親が倒れた時どうする?今準備できる…