やめる家事|手間をはぶいて家をきれいに。我が家で「やめた」キッチンの見えない家事3選

私はもともと丁寧に暮らしているほうではなく、できる限り「やること」「手間」をはぶきたいタイプ。

それでも、主婦になりたての頃は「これくらい、ちゃんとやらなきゃ!」と頑張っていろいろ取り入れていました。でも、結局ムリは続かないのですよね。

そんな我が家で手放した家事。やめたけれど、むしろそれでよかった!と感じる『キッチンの”見えない家事”』3選のご紹介です。

目次

  1. ■ふきんの漂白、やめた!
  2. ■排水口のフタを洗うの、やめた!
  3. ■三角コーナー、使いません!
  4. ■小さなうちにつぶしていく

■ふきんの漂白、やめた!

我が家は基本的に、布ふきんを使いません。ふきんを夜まとめて洗浄したり、漂白したりするのが面倒になってしまい……

テーブルを拭くときは、コロナ以前から100均のアルコールウェット一択。

とはいえ、ちょっと汚れたときに毎度毎度アルコールウェットを使っていると消費が早く、費用もかさみます。

そこで活躍するのが、ニトリのカット式台ふきん!

画像1

繰り返し使えて、洗うこともでき、吸水性もなかなかいい感じ。はじめはこの台ふきんを3日ほど使っていたんですが、やっぱり漂白が面倒になり……

今は1日しか使いません。その日の夜、または翌日の朝、1日使った台ふきんで油汚れを掃除したり、窓を拭いたりして汚れたらポイ!

おかげで、雑巾を別途用意することもなくなりました。

ニトリのカット式台ふきんは、税込199円42カット。1日4.7円です。

もちろん布ふきんを繰り返し使った方がエコで安上がりかもしれません。でも洗って漂白、干して、また使って、何日使っているかも管理して……という手間より、使い捨ての方が今の暮らしに合っていました。

1枚を無駄にせず使い切ろうと思うので、「さて今回はどこを最後に拭こうかな」と意識することになり、必然的におうちもキレイになっていますしね。これがなければ、めんどくさくて窓なんてほとんど拭かないと思います……(たまにさぼって数枚溜まってしまい、ベランダ掃除に使うパターンもありますよ~)

■排水口のフタを洗うの、やめた!

SNSでも多くのお宅が取り入れている、「排水口のフタ使わない」暮らし。

1年半前から我が家も実践していますが、これ、本当にラクですよ!

フタがないおかげで、汚れが目立つのでマメに掃除したくなりますし、後回しにしなくなります。フタ自体を洗う手間もなくなりますしね。

ちなみにキッチンのフタを使わない多くの家庭が、お風呂の排水口のフタも使っていないという事実……。実は、うちもキッチンと同時期にお風呂のフタも取り払ってみたんです。でも、数日実践して「やっぱりここはないと不安」と感じ、元に戻しました。

しかし、やっぱりフタをしてしまうと汚れが目視できないので、つい後回しにしてしまいがち……!ひどい汚れがついて、ヒャ~ということが続き……

1年半越しに再チャレンジしてみました!

今のところ、「やっぱりフタがない方がラク!」というところに落ち着き、3ヶ月ほどフタを使わず生活できています。意外と、慣れちゃうといけるのかもしれません。

■三角コーナー、使いません!

画像2

うちはもともと三角コーナーを使わない家庭でした。

キッチン排水口のフタを外したことで、さらに効率アップ。もともとあるゴミ受けカゴのネットにどんどん流し、調理のたびにネットを交換。

今は時短のために100均のネットをかけていますが、もう少し余裕が出たらネットを使わないようにしたいなぁと思っています。

マメにきれいにするしかなくなるので、ヌメヌメがつくこともないですし、ニオイも気になりません♪

■小さなうちにつぶしていく

今回ご紹介した内容は、私にとって”面倒な家事”をやめつつ、毎日小さな家事を繰り返していくものになります(毎日ふきんで掃除したり、毎食後ネットを交換したり)。

でも、日々小さな汚れを退治していくことで、あとから大きな「メンドクサイ」になるのを防げている面もあるんです。

私にとって”負担にならないこと”を選択しつつ、見えない家事をうまく省いて、暮らしをラクに整えていく。日々のなかでなんとなく「面倒だな…」と思うことを見直すと、意外となくても大丈夫なことに気づくかもしれません。

毎日家事や仕事、育児を頑張っている皆さん……本当にえらい!

私もえらい!

だからこそ、少しでも楽にできるよう、これからもできる限りのことをお伝えしていきますね。

倉田エリ|kindle出版コンシェルジュ

倉田エリ|kindle出版コンシェルジュ

【言葉の力であなたの暮らしを変えていく】起業家・経営者向け出版サポート|Kindle×LINE公式×表紙デザイン|ブランディングマネージャー|サポート全書籍1位獲得▼知的中度ASD娘・繊細息子の双子をワンオペ育児中|実はルームスタイリスト|毎晩のひとり晩酌が生きる喜び

関連記事

  1. 親が認知症になると親名義の自宅が売却できなくなる可能性があることを知っていますか?

  2. ご祝儀袋革命!捨てずに使えるecoな『まごころふきん 台ふきん 長しかく ご祝儀袋』新発売|TRAN PARAN(トランパラン)

  3. 長福寺 樹木葬「長岡アルヴェアージュ」の開苑を記念して長岡花火ペアチケットをプレゼント!2023年6月10日(土)初登場!新潟県長岡市に待望の樹木葬「長岡アルヴェアージュ」。継承者不要・管理費無料。

  4. 薄着になるこれからの季節!はじめよう”着けるだけ美容”。

  5. 横浜ベイシェラトン ホテル&タワーズでは、九州・長崎の厳選された美食の数々を存分に味わえる「九州・長崎フェア」をオールデイブッフェ「コンパス」にて、2024年4月8日(月)より6月30日(日)まで開催いたします。

  6. カラダのプロ・整体師上田祐輝が教える!「梅雨だる解消法」とは

  7. 【令和最新情報!】2年以内に二世帯住宅を建てた1,097人の本音!建ててわかった二世帯住宅のメリット・デメリットとは…!?

  8. 若者だけじゃもったいない「OZのプレミアム予約サービス 」

  9. この夏こそ、旅に出たい! アクティブなシニアの旅をよりお得にしてくれる、「青春18きっぷ」の使い方を分かりやすく徹底アドバイス! 『60歳からの青春18きっぷ入門 増補改訂版』を発刊

  10. あるある噺 投稿フォーム

  11. ~嗅覚トレーニングキット Smell Restoreを限定先行発売いたします。【コロナ後遺症の方にも】嗅覚障害かも!?と思ったら ~自宅で簡単にできる嗅覚トレーニングキット~

  12. シニア層のセカンドキャリアに日本語教師という選択肢を

カテゴリー

  1. #虎に翼 ファン必携! 伊藤沙莉らインタビュー掲載 出演者18人が選…

  2. 2024年秋から始まる細野晴臣55周年プロジェクトの一つである「細野…

  3. 【1貫100円~】厳選日本酒もご用意!元星付き料理店シェフ監修の寿…

  4. オオサンショウウオが客室を“ぬめぬめ”行進中!「OH! San View Room…

  5. 体にいいと思う「ミラクルフード」ベスト10を発表! 牧田善二医師、…

  1. “自称認知症”が急増中! 累計70万部の著者最新刊『脳…

  2. “おいしく”環境問題に取り組む、株式会社FARMER YOU(ファーマーユ…

  3. 認知症チェック 10 帰省時がチャンス! 

  4. 仏壇を処分する手順とポイント

  5. 父の家はゴミ屋敷!最悪の事態を招く前にすべき対策とは?

  1. 親の事が心配になってきたらまず読む 「介護施設の入居にあたって…

  2. 親のことが心配になったら  親が倒れた時どうする?今準備できる…