「脳活×パーソナルトレーニング」サービスを開始

今日の脳トレ!  春に関する簡単なぞなぞ問題! 高齢者の脳トレにご活用ください!!

◆2040年には認知症の高齢者は6.7人に1人になると推定

厚生労働省の研究班による今後の認知症と軽度認知障害(MCI)の患者数を新たに推計した結果[※4]によると、来年2025年には認知症の高齢者が471万6000人に上り、さらに団塊ジュニアの世代が65歳以上になる2040年には認知症の高齢者が584万人に上り、この数値は高齢者のおよそ15%、6.7人に1人にあたります。

◆30代から始まっている海馬の萎縮による認知機能の低下

私たち人間の脳機能は、認知機能の低下が具体的な症状として現れるよりも先に、脳の萎縮が始まっており、その中でも最も先行して萎縮が始まる部位は、記憶をつかさどる海馬であることが分かっています。

さらに、この海馬の委縮は30代から始まるということも判明しています。この海馬萎縮の始まりにいち早く気づき、ストレスや生活習慣の改善を自分で意識をして始めることが脳の健康、そして、認知症の対策にとても重要なのです。

◆脳活×トレーニングの効果として期待できること

ウォーキング、ジョギング、ヨガなどの運動を定期的に行うことで、海馬を育成することができ、海馬の委縮を抑えるだけでなく、場合によっては大きくすることも可能です。その結果、記憶力向上やストレス軽減を期待することもできます。 

メガロスが提供する「脳活パーソナルトレーニング」では、海馬によいとされる筋力トレーニングと有酸素運動の提供、さらにはストレス軽減に寄与する独自メソッドのヘッドスパなどのコンテンツを提供します。科学的根拠に基づく、カラダを鍛えるだけではない総合的な脳活をサポートします。

◆本リリースのポイント

「業界初の脳活×パーソナルトレーニング」サービスを2024年6月5日より提供開始

・海馬によいとされる筋力トレーニングと有酸素運動ストレス軽減に寄与する独自のコンテンツを提供

・2024年6月5日より予約受付開始

◆特設ページhttps://megalos.co.jp/contents/personal/noukatsu/

※1:認知症を予防するものではございません。

※2:日本法弁護⼠・英国法弁護⼠(Solicitor in England and Wales)/東北大学加齢医学研究所 分野研究員

※3:医師・医学博⼠ / 東北大学加齢医学研究所 教授 / 東北大学スマート・エイジング学際重点研究センター センター長

※4:認知症及び軽度認知障害の有病率調査及び将来推計に関する研究(厚生労働省研究班2024年5月8日)

https://www.cas.go.jp/jp/seisaku/ninchisho_kankeisha/dai2/siryou9.pdf

※5:当社の実施するパーソナルトレーニング部分は医療行為ではございません

※6:株式会社CogSmartの監修

※7:脳診断およびMRI画像診断はCogSmar社と提携医療機関にて実施いたします。

                             
◆プログラムの流れ

◆株式会社CogSmartによる解説

筋力トレーニング(筋トレ)は、筋肉を鍛えるだけでなく脳機能の向上にも効果があることが研究で明らかになっています。記憶機能や実行機能などの脳の高次機能の向上につながることが示されています。

筋トレによる脳機能の向上には、脳神経の成長因子による学習の促進や、免疫システムによる炎症抑制が背景にあるとされています。

脳機能向上のための筋トレの推奨メニューとしては、中強度から高強度のレジスタンストレーニングを週に1〜3回、2〜3セットを習慣的に行うこととされています。また、筋トレは全死亡率や心血管疾患、がん、糖尿病のリスクを低減し、抑うつ症状の緩和にもつながると言われています。

カラダを鍛えることはもちろん、アタマを鍛え健全な健康を維持するためにも筋トレは重要な役割を果たします。

■野村不動産ライフ&スポーツについて

スポーツクラブやアフタースクール、バイリンガル幼児園事業を通じて地域に住まう方々に健康であることの「喜び」「大切さ」をお伝えし、「健康」と「生きがい」創造に貢献することにより、お客様や社会と共に栄え、成長することを目指しています。「顧客満足を感動と喜びに変える」を企業理念に掲げ、全社員が一丸となってきめ細やかなサービスを最適のタイミングで提供し、お客様に満足を超えた「感動」や「喜び」をお届けしています。

https://www.megalos.co.jp/

ご参考)2023年6月30日リリース

認知症予防を目指す CogSmart と「スポーツ×脳トレ」セミナー開催

https://www.megalos.co.jp/corporate/wp-content/uploads/2023/06/2020630.pdf

◆株式会社CogSmartについて

東北大学加齢医学研究所発の医療・ヘルスケアサービス企業として、脳機能に関する研究開発、脳科学・医学的エビデンスに基づくデータサイエンス事業を展開しています。

認知症の実効的な予防その他機能の改善及び維持のためのソフトウェア医療機器・ヘルスケア機器の開発・販売事業などを手掛けています。

関連記事

  1. 【親の終活に関する意識調査】4月から始まる相続登記義務化の認知は2割と低調、相続不動産について親と話し合ったことがある人も2割どまり。6割超が相続について不安ありと回答し、不安なこと1位は「相続税」

  2. 元気なうちに入る老人ホームに、あってほしい設備1位は「天然温泉・露天風呂」

  3. 親の介護が必要になったら、要介護者のためのコミュニケーションツール「TQタブレット」 新機能搭載でサービス開始

  4. 人とのつながりがフレイルを予防する。聞こえづらさを感じたら補聴器などで早期に対処し会話を楽しむことが大切。しかし補聴器選択は情報不足が課題。情報発信の場を広げるべくシャープHPで補聴器の情報提供を開始

  5. 介護保険適用の住宅改修はどんなことができる?

  6. 親のことが心配になったら/スマートホームデバイス

  7. 日本最大級バウムクーヘンの祭典! バウムクーヘン博覧会2024春 in神戸阪急2024年2月28日(水)~3月5日(火)

  8. 家族信託サービス「おやとこ」

  9. 半数の女性が足のむくみに悩みあり むくみやすい女性の6割弱は猫背だった! ~ カラダのプロが教える「寝る前にできる!むくみにくい体のつくり方」 ~

  10. 辰年を祝う2種類のウイスキーを数量限定で発売!

  11. アートを高齢者リハビリテーションの原動力に

  12. 1・2月出発はお得!山口・下関名物「ふく」を食す、「下関フクふくドライブ4日間」販売開始!さらに唐戸市場お買い物券もプレゼント!

カテゴリー

  1. 【神奈川県初進出】巷で話題のグルメバーガー「BRISK STAND」KAMAKU…

  2. 国内主要8空港のANA SPECIAL ASSISTANCE カウンターに「ミライスピ…

  3. 【新国立劇場】《プッチーニ没後100年の今こそ観たい『トスカ』!名…

  4. 【バイク好き235人に聞いた】バイクで走りたい都道府県ランキング!

  5. 人生100年時代、“オトナ世代”を元気に笑顔に!文化放送「オトナのホ…

  1. “自称認知症”が急増中! 累計70万部の著者最新刊『脳…

  2. “おいしく”環境問題に取り組む、株式会社FARMER YOU(ファーマーユ…

  3. 認知症チェック 10 帰省時がチャンス! 

  4. 仏壇を処分する手順とポイント

  5. 父の家はゴミ屋敷!最悪の事態を招く前にすべき対策とは?

  1. 親の事が心配になってきたらまず読む 「介護施設の入居にあたって…

  2. 親のことが心配になったら  親が倒れた時どうする?今準備できる…