自宅で納骨・供養する納骨仏壇と樹木葬(納骨先)がセットになった世界初の樹木葬 永代供養【付】自宅納骨仏壇「棲家」にモダンなデザインの新商品が登場!

創業100余年の老舗石材店・株式会社松戸家(中本泰輔社長)は、昨年発表し話題を集めた世界初(※=同社調べ)の樹木葬 永代供養【付】自宅納骨仏壇「棲家」に、モダンなデザインでリビングにもマッチする新商品を開発。2020年4月1日より販売を開始した。■樹木葬 永代供養【付】自宅納骨仏壇「棲家」の新商品について

樹木葬 永代供養【付】自宅納骨仏壇「棲家」とは、自宅に遺骨を納骨できる納骨仏壇と、永代供養のための樹木葬(最終納骨先)がセットになった商品です。販売元の松戸家では、このほど永代供養【付】自宅納骨仏壇「棲家」に、マンションや洋風の部屋にもマッチする新商品をリリースした。カラーは、ライトブラウンとダークブラウンの2色。

■「棲家」の特徴

樹木葬 永代供養【付】自宅納骨仏壇「棲家」は、大切な人を自宅で供養したいと考える方にぴったりの商品。家具の上に置くことができるコンパクトなサイズながら、専用の骨箱を利用することで夫婦2名分の遺骨を納骨することができる。納骨仏壇に納骨後は、いつでも樹木葬「フラワージュ」に無料で改葬(永代供養)できるので、改めてお墓を探す必要もない。大切な人と離れたくない方はもちろん、後継者がいない方や、お墓を持ちたくない方、大切なペットといつまでも一緒にいたい人まで多くの人におすすめの商品です。

■家族での利用も

樹木葬 永代供養【付】自宅納骨仏壇「棲家」に、遺骨を粉骨して琉球ガラス村製骨壷「ククルチア」に納めて埋葬することで、最大4体までの納骨が可能となり、夫婦に限らず、家族4人でも利用することできます。3名様以上で利用をご検討の方は、松戸家までお問い合わせ下さい。

■新商品紹介
現代の住居に合うモダンでコンパクトなサイズです。
<閉じたとき>
D:345mm W:400mm H:530mm

<カラー>
ライトブラウン ・ ダークブラウン

新商品

新商品
棲家専用骨壺
大人1体分のご遺骨を納めることができる骨壺が2つ(「ククルチア」で4つ)収納できます。
琉球ガラス村製骨壷「ククルチア」は、沖縄の伝統工芸「琉球ガラス」を使用しています。一つ一つ職人が手作りで仕上げますので、同じものは二つとありません。スタイリッシュな見た目と、沖縄を思わせる美しいデザインが心を引くこの骨壷

骨箱は2つまで収納できます

骨箱は2つまで収納できます

琉球ガラス村製骨壷「ククルチア」

琉球ガラス村製骨壷「ククルチア」
仏具セット
別売りで仏具も販売しています。


■価格
自宅納骨仏壇、棲家専用骨箱、樹木葬に永代供養
1名様用:298,000円
2名様用:398,000円

■お問い合わせ・資料請求
樹木葬 永代供養【付】自宅納骨仏壇「棲家」

https://www.mazdoya.co.jp/lp/sumika/
樹木葬 永代供養【付】自宅納骨仏壇「棲家」

樹木葬 永代供養【付】自宅納骨仏壇「棲家」

関連記事

  1. 令和6年4月1日より相続登記が義務化スタートします

  2. 5万円で全国40か所から選べる 故人が眠る“海のお墓“ 秋の散骨シーズンに代行散骨新規エリアを大幅拡大

  3. 供養の形が多様化する中、お墓の選択で親子にすれ違いが発生!都内唯一、完全個室の納骨堂で心地良い空間、“行きたくなるお墓”を提案

  4. 「新しい葬儀スタイルに関する意識調査」(2020 年 7 月実施) 葬儀にも非接触の兆し。葬儀のライブ動画配信やドライブスルー、SNS 訃報への抵抗感減少

  5. 妙正寺に永代供養墓と樹木葬を新設し、2021年1月4日より販売開始いたします。 妙正寺の新設した永代供養墓エリアは、霊験ある桜や蓮池のある自然豊かな本堂裏の一角に計画。

  6. 主要ネット証券初、「相続税シミュレータ(簡易版)」の提供を開始 ~簡単な入力で相続税に関するお客様の不安を解消~

  7. 山形県の葬儀会社/株式会社 博善社がYouTubeによる葬儀のライブ配信サービスを開始 遠隔地にいてもスマホやパソコンから葬儀の様子をリアルタイムで視聴可能に

  8. 葬儀用の“供花”を贈るとき、どんなことに配慮したらいいのでしょうか?

  9. 万一の場合の「行政手続」「葬儀・埋葬」「債務弁済」「遺品整理」といった死後事務への不安を取り除く?「終活サポート ~マイ・エンディング・ケア~」をリリース

  10. 海洋散骨「ブルーオーシャンセレモニー」を主軸の事業とする株式会社ハウスボートクラブは、「えんの旅」による終活支援企画として2023年7月29日に開催した「終活バスツアー」のレポートを公開

  11. 【親の終活に関する意識調査】4月から始まる相続登記義務化の認知は2割と低調、相続不動産について親と話し合ったことがある人も2割どまり。6割超が相続について不安ありと回答し、不安なこと1位は「相続税」

  12. 移住情報を紹介する特設ページを開設しました!

カテゴリー

  1. オオサンショウウオが客室を“ぬめぬめ”行進中!「OH! San View Room…

  2. 体にいいと思う「ミラクルフード」ベスト10を発表! 牧田善二医師、…

  3. 新しいお墓の形! 東京・八王子 妙経寺の「小さなお墓 納骨位牌墓…

  4. 【土用の丑の日】2024年はいつ? 炊飯器でつくる鰻まぶしもご紹介…

  5. 【新規会員さまも対象】日本調剤オンラインストア5周年記念キャンペ…

  1. “自称認知症”が急増中! 累計70万部の著者最新刊『脳…

  2. “おいしく”環境問題に取り組む、株式会社FARMER YOU(ファーマーユ…

  3. 認知症チェック 10 帰省時がチャンス! 

  4. 仏壇を処分する手順とポイント

  5. 父の家はゴミ屋敷!最悪の事態を招く前にすべき対策とは?

  1. 親の事が心配になってきたらまず読む 「介護施設の入居にあたって…

  2. 親のことが心配になったら  親が倒れた時どうする?今準備できる…