ネスレ ヘルスサイエンス、[在宅介護に関する調査]を発表 家族を在宅介護をする上での不安1位は、「食事関連」 「誤嚥(ごえん)」などのリスクを懸念し、約6割が「事故なく、安全な食事を」と回答

総務省が2022年9月に発表した資料によると、総人口が減少する中で、65歳以上の高齢者人口は3,627万人と過去最多を更新し、総人口に占める割合は29%となりました。さらに、日本の要介護・要支援認定者数は、2000年4月に制度が創設されて以来約2.7倍に増加(※1)しました。また、介護サービス受給状況に目を向けると、2019年と2022年を比較した場合、「施設サービス」はほぼ横ばいであるにも関わらず、「居宅サービス」は利用者が増えており(※1)、介護を受けながらご自宅で過ごす高齢者が年々増加傾向にあります。
(※1)介護保険事業状況報告(暫定)令和4年11月分(厚生労働省)

急速に進行する超高齢社会における在宅介護の現状を把握することを目的に実施した今回の調査の結果、在宅介護をする上で、転倒や誤嚥(※2)・喉のつまりなどに不安を日々感じており、特に食事に関することは、手間がかかる介護でありながらも安全・安心に摂ってほしいという慎重な心理が見られ、その乖離から「食事関連」が介護者にとって最も多い不安要因であることがわかりました。
(※2)誤嚥(ごえん):飲食物や唾液を飲み込んだときに気道(気管)に入ってしまうこと。

【調査結果サマリー】

  1. 在宅介護者の8割以上が「不安」を抱える中、要因は1位「食事関連」、2位「トイレ介助」、3位「睡眠時の安静状態/見守り」、「移動・歩行介助」と続く。
  2. 要介護者の食事に関して、「おいしさ」、「楽しみ」をおさえ、「事故なく、安全に食べてほしい(66%)」が最多。
  3. 介護にかける時間は「食事介助(平均36.9分)」が、「歩行介助(平均55.9分)」に続き2位に。
  4. 「自分で栄養計算を行っている」という在宅介護者は約3割。
  5.  在宅介護者の約6割は食事に関する「外部サービスなどを利用」。

【調査結果】
1. 在宅介護者の8割以上が「不安」を抱える中、要因は1位「食事関連」、2位「トイレ介助」、3位「睡眠時の安静状態/見守り」、「移動・歩行介助」と続く。

数ある介護の中で2人に1人が食事関連の介護に不安を抱えていることがあきらかに。

在宅介護者に対し、“在宅介護の不安”の有無を聞いたところ85%が「不安がある(85%)」と回答しました【図1】。具体的な「不安」の内容は、1位「食事介助(47%)」、2位「トイレ介助(35%)」、3位「睡眠時の安静状態/見守り(33%)」、「移動・歩行介助(33%)」となりました【図2】。自由回答では「誤嚥」「誤嚥性肺炎」「喉のつまり」など、主に飲み込みについての不安がみられ、他にも移動時の転倒や睡眠時の安静など、要介護者の安全に関して特に不安を感じていることがわかりました。

【図1】

 

【図2】

2. ​要介護者の食事に関して、「おいしさ」、「楽しみ」をおさえ、「事故なく、安全に食べてほしい(66%)」が最多。

要介護者の食事について望むことに、安全志向が強いことが浮き彫りに。

在宅介護者に、“要介護者の食事”について聞いたとろ、1位「事故なく、安全に食べてほしい(66%)」、2位「おいしく食べてほしい(57%)」、3位「食事を楽しんでほしい(46%)」と“食の楽しみ”を“安全”が上回り、要介護者に安全に食事をとってほしいと考えている在宅介護者が多いことがわかりました【図3】。

【図3】

3. 介護にかける時間は「食事介助(平均36.9分)」が、「歩行介助(平均55.9分)」に続き2位に。

頻度でも「食事介助」は一週間に8回以上と、数ある介護の中でも多いことがわかった。

在宅介護の“1回当たりにかけている平均的な時間”は、全体で24.5分、具体的な項目別にみると1位「歩行介助・外出介助(55.9分)」、2位「食事介助(36.9分)」、3位「(要介護者の衣類の)洗濯(35.2分)」という結果でした【図4】。また、「1週間に8回以上」と頻度が多いのは、「食事介助(43%)」「排泄介助(43%)」が上位であり、負担の大きさが読み取れます【図5】。特に「食事介助」は、1回にかかる時間も長く、また頻度も高いことがわかりました。今回の調査の回答者の約6割が介護と仕事を両立していることから、「歩行介助・外出介助」や「食事介助」をはじめとした在宅介護にかける時間が生活の中で大きな割合を占めていることがわかります。

【図4】

 

【図5】

 

4.「自分で栄養計算を行っている」という在宅介護者は約3割。

栄養にも気を使いたいが自身では難しい現状。

“要介護者の食事の栄養計算”について、「自分でしている(30%)」、「自分以外の人がしている(23%)」、「していない(47%)」との結果になり、在宅介護者自身では栄養計算までは踏み込めていないことがうかがえます【図6】。

【図6】

 

4. 在宅介護者の約6割は食事の外部サービス・製品を利用。
食事に関する介護負担を軽減するような工夫が見られた。

“現在利用しているサービスや製品”では、「入浴介助(デイサービス、在宅介護サービス)(62%)」が最も多く、「食事に関するなんらかのサービスを頼んでいる(57%)」が続くという結果になりました【図7】。食事関連でどのようなサービスを頼んでいるかは、「デイサービスの昼食を利用(50%)」が多く、次いで、「介護サービスに食事の用意を頼んでいる(17%)」、「介護サービスに食事の介助を頼んでいる(16%)」という順で【図8】、必要に応じ外部サービスを依頼し、負担を軽減する工夫をしている様子がみられます。

【図7】

 

【図8】

 

今回の結果から、在宅介護において不安を感じながらも、安全に配慮しつつ在宅介護をおこなっている様子、また負担軽減のために外部の介護サービス・製品などを活用している実態がわかりました。日本における超高齢社会の急速な進行、介護を受けながらご自宅で過ごす高齢者の増加に伴い介護サービスや関連製品の市場が盛況している一方で、まだ活用に至っていない家庭があると考えられます。
「栄養を通じて健康的な人生をサポートします。」をミッションとして掲げ、あらゆるライフステージをサポートする幅広いブランドを保有し、人々の健康的な生活をサポートしているネスレヘルスサイエンスは、今後も要介護者、介護者双方のQOL(生活の質)の向上のために活動してまいります。

【調査概要】
調査名:在宅介護に関する調査
調査時期:2023年2月
調査手法:インターネット調査
調査数と対象:要介護度3~5を持つ家族と同居し、在宅介護を行う40-79歳 男女 合計500名
(内訳:有職者64%、専業主婦・主夫・定年退職・年金生活30%、その他6%)
※本リリースの調査結果や分析をご掲載いただく際には「ネスレ ヘルスサイエンス調べ」とご記載ください。

以上

参考資料

  • ネスレ ヘルスサイエンスについて

ネスレ ヘルスサイエンスは、世界最大の食品・飲料企業のネスレにおいて、「栄養を通じて健康的な人生をサポートします。」ことをミッションとして掲げて活動しているヘルスケアに特化した事業です。
人々の健康的な未来のために革新的な製品を提供する栄養分野の世界的リーダーであり、日本においては、医療・介護現場で30年以上の実績があるブランドをはじめとして、あらゆるライフステージをサポートする幅広いブランドを保有し、「栄養のちから」を通じて、人々の健康的な生活をサポートしています。



 

関連記事

  1. LIFULL seniorは、介護施設をどのような手段で探すか実態を把握するため、1年以内に家族または親族が介護施設に入居した方を対象に「介護施設入居に関する実態調査 2023年度」を実施

  2. 人生の最期まで自分らしく元気に過ごすため、今から準備すべきことを有識者とともにディスカッションし実践していく場として、年齢に関係なく自分たちの老後を見据えて準備をしていく自主学習型オンラインサロン「ピンコロ大学」を2021年1月31日にリリースいたしました。

  3. 介護サービスの種類やサービスを解説

  4. Footage訪問看護ステーションの最先端の取り組み。 何故Footageには”人”が集まるのか。

  5. 高齢者デイサービスの新しい取り組み!椎茸栽培を通していつまでも元気でいてほしい。

  6.  11月11日は厚生労働省が定める「介護の日」です。日本の75歳以上人口は1,867万人(令和3年10月1日現在)で、総人口に占める割合は14.9%※1となっています。また要介護者等(要介護又は要支援の認定を受けた人)は682万人(令和2年度末現在)※2と報告されています。

  7. 離れて暮らすご両親や一人暮らしの高齢者をそっと見守ります高齢者みまもりサービス「まもりこ」の販売を開始

  8. 【介護ホームに短期宿泊】8月29日(月)~9月4日(日)好評受付中!より充実したサービスをご案内、『安心できる住環境』!介護施設が提供する「短期宿泊(ヘルスケアステイ)サービス」 CCRC豊泉家 芦屋山手(所在地:兵庫県芦屋市剱谷9番地1)

  9. メディカル・ケア・サービス株式会社が監修した介護・認知症について考える絵本『おばあちゃんの おうち』の読み聞かせ動画が、公益社団法人 京都市保育園連盟主催の「保育フェスタ(オンライン開催)」にて、期間限定で配信されます

  10. もしかしたら親が認知症?~親子でケンカをしない病院の連れて行き方~

  11. 介護者が知っておきたい「高齢者の病気・薬の情報」を総合情報サイト『介護アンテナ』にて無料公開 ~介護に必要な医療の知識・観点を理解し、より良いケアの実現へ~

  12. 介護保険サービス利用までの流れ

カテゴリー

  1. いよいよですね!パリ五輪・『バレーボール男子日本代表 応援BOOK…

  2. 7月24日(水)は土用の丑の日。大丸梅田店では「うなパラ!」を開…

  3. 株式会社郵便局物販サービスは、『スヌーピーグッズ』を2一部の郵便…

  4. 第1弾が大好評の「川島隆太教授の運転免許認知機能検査」シリーズに…

  5. 話題の地球の歩き方国内版から初の市版として発行した『北九州市』…

  1. “自称認知症”が急増中! 累計70万部の著者最新刊『脳…

  2. “おいしく”環境問題に取り組む、株式会社FARMER YOU(ファーマーユ…

  3. 認知症チェック 10 帰省時がチャンス! 

  4. 仏壇を処分する手順とポイント

  5. 父の家はゴミ屋敷!最悪の事態を招く前にすべき対策とは?

  1. 親の事が心配になってきたらまず読む 「介護施設の入居にあたって…

  2. 親のことが心配になったら  親が倒れた時どうする?今準備できる…