大人気シニアブロガー・紫苑の「年金月5万」でも幸せになれる、お金の知恵・工夫・考え方

シングルマザーでお金に振り回されてきた人生が「最高の今」に変わった!書籍『72歳ひとり暮らし、「年金月5万」が教えてくれたお金との向き合いかた40』いよいよ発売。

株式会社マガジンハウス(本社:東京都中央区、代表取締役社長:片桐隆雄)は、大人気シニアブロガー・紫苑著『72歳ひとり暮らし、「年金月5万」が教えてくれたお金との向き合いかた40』 を、2023年6月22日に発売いたします。使えるお金が少なくても「今がいちばん」と言い切る著者が年金生活のヒントをお伝えします。

  • 豪奢でも清貧でもない。自分を本当に幸せにしてくれるお金の知恵・工夫・考え方

シングルマザーでありフリーランスとして働いてきた紫苑さんの年金は月に5万円。お金を遣わなくても安心して暮らすための工夫の数々をブログに記すと話題となり、新聞やテレビなどでも紹介されるようになりました。

本書はそんな紫苑さんが節約する生活の中で学んだ「お金」の話をまとめました。お金に振り回されてきたこれまでの人生を振り返り、「今がいちばん」と言い切れるようになった、その足跡を40の言葉とともにお伝えします。

豪奢でも清貧でもない自分を本当に幸せにしてくれる、紫苑さん的「お金との付き合い方」には、先行き不透明な世の中、不安にかられることなく、毎日を楽しく過ごすヒントが詰まっています。

  • 著者からのメッセージ

節約を始めて、出費以外でも私の生活は大きく変わりました。「健康的な食生活をするようになった」「しっかり掃除するようになった」など小さな変化が現れました。毎日の暮らしを「自分の心地良さ」に合わせ、調整することで、気持ちも晴れやかになったのです。そして、そのような変化の積み重ねは、自分をとりまく環境をも変えていきました。

常に不安にさらされていた過去。お金があってもなくても、お金に左右される人生に心からの安心はありませんでした。私が怖がっていたのは、お金のあるなしではなく、「お金の正体」を知らない恐ろしさでした。お金という敵(?)の情報、知識を得て、恐れるほどのものではないと知ったとき、お金に向きあう怖さは、楽しさに変っていたのです。

この本はお金に無知で、逃げていた私の過去・現在の棚卸しになった一冊です。子ども二人を抱え、仕事を失い、途方に暮れ未来を悲観したこともありましたが、どうにかやってこれた理由を、私とお金の関係を軸に筆を進めていきました。

専門家が書くお金の本は私には立派すぎて、手が伸びません。普通の女性たちの小さなお金の話のほうが切実に胸に響いてきました。普通の女性たちが、やりくりしながら、暮らしを紡いでいく。そこには元気や希望や楽しさがあり、私自身、たくさんの元気をもらいました。

この本は、書くのをためらったほど、私自身の失敗や恥がいっぱいです。同時にその失敗を乗りきった工夫や楽しく生きるための知恵もいっぱい入れたつもりです。これまで私が元気をもらった多くの本の仲間入りができるといいなと思っています。

  • 著者プロフィール

紫苑

1951年生まれ。牡羊座。地方新聞社勤務を経てフリー。2年前のコロナ禍のなか年金の少なさと向き合い、対策を考える。2020年3月から「月5万円年金生活」を実行しはじめブログにアップ。美味しく健康にいい月1万円レシピや、リメイクおしゃれ、百均DIYなど、お金を遣わなくても楽しめる工夫の数々を紹介。反響を呼び、新聞、雑誌、テレビなどでも取り上げられる。少ない年金でも安心して暮らすためのノウハウや生活スキルを知ってもらうため、日々活動している。著書に『71歳、年金月5万円、あるもので工夫する楽しい節約生活』(大和書房)。

  • 書誌情報

書名  :72歳ひとり暮らし、「年金月5万」が教えてくれたお金との向き合いかた40

著者  :紫苑

発売日 :2023年6月22日

価格  :1400円(税込)

仕様  :四六判・240ページ

ISBN:978-4-8387-3242-5

発行  :株式会社マガジンハウス

URL :https://magazineworld.jp/books/paper/3242/

お買い求めは⇓⇓から

72歳ひとり暮らし、「年金月5万」が教えてくれたお金との向き合いかた40 [ 紫苑 ]価格:1,540円

あなたもおとなナビコミニティーでブロガー目指しませんか?お問い合わせはこちら⇓⇓

    関連記事

    1. 富士花鳥園(静岡県富士宮市):今年もクリンソウが見頃を迎えました。

    2. 地図作りの“技術と情熱”に触れる企画展江戸時代の地図づくり 集めた赤水・歩いた伊能会期:2024年1月13日(土)~2024年5月12日(日)

    3. 祝15年!販売実績360万個突破! ロングセラー「カラーボックス」の使い方アイデアを紹介

    4. だれでも高級盆栽のオーナーになれる【支援型】NFTプロジェクトが今月22日から開始 松盆栽生産日本一の高松から世界に向けて

    5. 話題の地球の歩き方国内版から初の市版として発行した『北九州市』と、『月刊ムー』とのコラボ第2弾『ムーJAPAN』が快挙を達成。2024年も進化を続ける「地球の歩き方」から目が離せない!

    6. 私たちの愛読書『素敵なあの人』今月の特集はスマホ!

    7. ホテルニューアワジ、2023年12月24日特別客室「ヴィラ楽園」に7室新規オープン!

    8. 【神保町シアター】昭和の国民的スター・渥美清の知られざる“寅さん”以外の映画たち── 特集上映『俳優・渥美清──「寅さん」だけじゃない映画人生』1月7日(土)より開催

    9. 【とろろを堪能】専門店ならではの一杯を「東京とろろそば」新グランドメニュー販売開始

    10. 「71歳、年金月5万で自分らしく」フリーランスおひとり様女性の生き方

    11. 夫婦ふたりの第二幕がスタートした藤井家の、おいしく健やかな食卓とレシピ『ふたり ときどき みんなでご飯』発売

    12. 伝統工芸「八女提灯」の提灯絵と、モダンなデザインを融合させた新作盆提灯を発表。全国での展示販売を通して、八女提灯の魅力と祈りの文化を伝えます。

    カテゴリー

    1. オオサンショウウオが客室を“ぬめぬめ”行進中!「OH! San View Room…

    2. 体にいいと思う「ミラクルフード」ベスト10を発表! 牧田善二医師、…

    3. 新しいお墓の形! 東京・八王子 妙経寺の「小さなお墓 納骨位牌墓…

    4. 【土用の丑の日】2024年はいつ? 炊飯器でつくる鰻まぶしもご紹介…

    5. 【新規会員さまも対象】日本調剤オンラインストア5周年記念キャンペ…

    1. “自称認知症”が急増中! 累計70万部の著者最新刊『脳…

    2. “おいしく”環境問題に取り組む、株式会社FARMER YOU(ファーマーユ…

    3. 認知症チェック 10 帰省時がチャンス! 

    4. 仏壇を処分する手順とポイント

    5. 父の家はゴミ屋敷!最悪の事態を招く前にすべき対策とは?

    1. 親の事が心配になってきたらまず読む 「介護施設の入居にあたって…

    2. 親のことが心配になったら  親が倒れた時どうする?今準備できる…