【介護の落とし穴!】介護をする際に準備不足だったと後悔したこと第3位は「介護費用を貯めていなかった」第2位は「バリアフリーに取り組んでいなかった」第1位は●●!あなたは親の足爪を見たことがありますか? 足元からの健康づくり

在宅医療マッサージ株式会社が運営する”ドクターネイル爪革命”は、親御様の介護経験がある30代~50代の男女を対象に「介護に関するアンケート」を実施し、介護に関する意識や、身につけておくべき知識について調査しました。親が要介護状態に…。
いつかくるであろう「Xデー」に備えて、介護に関する知識はしっかりと身につけておくことが大切です。

介護業界が深刻な人手不足で問題となっている今、あなたの大切な人を介護難民にしないためにも、介護に関するご自身の意識を一度見直してみてはいかがでしょうか。

そこで今回、在宅医療マッサージ株式会社が運営する”ドクターネイル爪革命”は、親御様の介護経験がある30代~50代の男女を対象に、「介護に関するアンケート」を実施しました。介護に関する意識や、身につけておくべき知識など、ぜひご参考にしてください。

調査概要 : 『介護に関するアンケート』
【調査日】  2019年3月5日(火)~ 2019年3月6日(水)
【調査方法】 インターネット調査
【調査人数】 1,001人
【調査対象】 親御様の介護経験がある30代~50代の男女
【モニター提供先】ゼネラルリサーチ

  • 9割近くの方が「介護は自宅で行った」と回答

親御様の介護経験のある方に、「介護を始めた時のご自身の年齢を教えてください」という質問をしたところ、『45歳~54歳(42.0%)』が最も多く、次いで『35歳~44歳(29.6%)』『25歳~34歳(16.7%)』と続きました。

次に、「介護はどこで行いましたか?」と質問したところ、9割近くの方が『自宅』と回答しました。もちろん金銭的な理由もありますが、多くの方が「親の介護はなるべく近くで」と考えているようですね。
本人が介護施設を嫌がるので…というパターンも多いそうです。

  • 介護をする際に準備不足で後悔したこと第1位は「知識不足」!介護中に親御様と円滑なコミュニケーションが取れていた方の割合は…?

「親の介護に対する心構えはしていましたか?」と聞いてみると、6割近くの方が『していなかった』と回答しました。

次に、「介護をする際に準備不足だったと後悔したことはなんですか?」と質問したところ、6割以上の方が『知識不足だった(64.4%)』と回答し、次いで『バリアフリーに取り組んでいなかった(14.2%)』『介護費用を貯めていなかった(13.0%)』と続きました。
心構えをしっかりしておかないと、介護の準備にも身が入りません。
親御様のためにも、将来のご自身のためにも、いつでも対応できるように心掛けておくことが、寝たきりや重症化の予防につながるはずです。

また、「介護中は親御様と円滑なコミュニケーションを取れていましたか?」と質問したところ、『時々強く当たってしまった(55.0%)』という回答が半数近くを占めるという結果になりました。

しかし、高齢者の中には「言えないけど実はなにかしらのトラブルを抱えている…」という方はとても多いのです。特に、高齢者の場合はご家族が気が付いて対策をしてあげることが重要です。
「気が付いた時には重篤な状態になっていた…」といったことのないように、普段から円滑なコミュニケーションを大切にしましょう。

  • 半数以上の方が介護中に親御様の足爪をチェックしていなかったことが判明。足爪に注目が集まらない理由とは?

「介護中に親御様の足爪はチェックしていましたか?」と質問したところ、半数以上の方が『いいえ』と回答しました。

身体のパーツの中でも、足爪の注目度はかなり低いですよね。

高齢になると握力が弱くなり、体も固くなるため、ご自身で足爪を切ることが難しくなってしまいます。そのため、足に関するトラブルが起きやすくなりますが、本人は「汚くなった足が恥ずかしい」といった理由で、ご家族や他人に相談することができないことが多いのです。
その結果、気が付いた時には歩けないほどの重篤な状態になっていることもあるので注意が必要です。
介護施設等でも、足のトラブルを抱えたまま解消されず、それをきっかけに寝たきりになってしまう方が多くいるのが現状です。

続いて、「足爪のトラブルについて、知っているものを教えてください(複数回答可)」と質問したところ、『巻き爪(84.4%)』『爪水虫(43.7%)』が半数を超えたものの、その他の『陥入爪(6.4%)』『爪甲周囲炎(3.4%)』は10%未満ととても低い結果になりました。
足爪に注目が集まらないのは、そもそも足爪のトラブルが寝たきりの原因になることをご存知でない方が多いことが原因であると考えられます。

最も票を集めた「巻き爪」も、寝たきりになってしまう可能性が高いことまでご存知の方は少ないでしょう。
高齢になるほど歩行する機会が少なくなり、それに伴い地面から爪が受ける圧力(爪を広げる力)が減ってしまいます。指に力が入らない状態が長く続いてしまうと巻き爪につながり、さらに歩行が難しくなります。
その結果筋力が落ちて、寝たきりになってしまうのです。
しかし、このような事実が世間に浸透していないため、放置してしまう方が多いのです。

■巻き爪ケア・原因と予防法 : https://dr-nail.jp/treatment/makidume

今後後悔しないためにも、将来のご自身のためにも、足爪の病気についてよく知っておきましょう。

  • 足元から健康をつくる 「ドクターネイル爪革命」

足元にトラブルを抱えている方には、在宅医療マッサージ株式会社が運営する足と足爪専門サロン「ドクターネイル爪革命」がおすすめです。ヨーロッパの高度な知識と日本の繊細な技術が集約されており、安心して施術を受けることができます。
ドクターネイル爪革命は、『変形した爪』『タコ』『ウオノメ』などにより痛みやコンプレックスがあるものの、「どうしたらいいのかわからない」という高齢者の悩みを解消します。
痛みのないトータルフットケアの効果は、各分野から幅広く注目を集めており、ご自宅や施設でもサロン同様のサービスを受けていただける訪問出張も可能です。
足元からの健康づくりにお悩みの方は、お気軽にドクターネイル爪革命にご相談ください。

■ドクターネイル爪革命:https://dr-nail.jp/
■TEL:044-201-2918
■お悩み相談窓口:https://dr-nail.jp/orders/onayami/
■店舗一覧:https://dr-nail.jp/salon-all/
■FC加盟募集:https://dr-nail.jp/fc/

関連記事

  1. 介護保険給付費で住宅改修をしよう! 限度額は? 出来ることは? どうすればいい?

  2. インターネットが要らない介護用見守りカメラ【みまもりCUBE】

  3. ノボ ノルディスク ファーマ、糖尿病患者さんに向けたエクササイズ動画を配信 1型糖尿病の元エアロビクス世界チャンピオン 大村詠一さんが考案した自宅でできるエクササイズで、糖尿病患者さんの健康維持に貢献

  4. ケアマネジャーの探し方、付き合い方 親の事が心配になったら

  5. ベルコが高齢者施設紹介センター『あなたらしく』老人ホーム紹介を開始。ご案内を検討される方へ公平中立・客観的な視点で老人ホーム選びをご案内を関西、福岡、北海道よりスタート ベルコグループがお送りする、少人数限定送迎付きの高級老人ホーム見学会に参加しませんか?

  6. 親の事が心配になってきたらまず読む 「介護施設の入居にあたって参考」にしたいこと

  7. ウォーキングはなぜカラダにいい?ふくらはぎを動かすメリットとは?

  8. 日本調剤の一部店舗および日本調剤オンラインストアで吉野家の介護食商品「きざみ牛丼の具」と「やわらか牛丼の具」を本日より販売開始

  9. 「LIFULL介護」、オンライン見学可能な施設の検索機能を追加、「オンライン見学同行」サービスの実証実験を開始

  10. 他の高齢者住宅と比べてみてください。【自立型サービス付き高齢者向け住宅】リリィパワーズレジデンス西新井10月1日入居開始

  11. 脳のMRI画像 2142例をAI(人工知能)で解析。認知症へとつながるアルツハイマー病の発症時期が予測可能に

  12. オーダーメイドの介護サービス「イチロウ」が初回無料キャンペーン第二弾を開催! 初めてイチロウを利用する方なら誰でも時間制限なしで初回利用料が無料になるお得なキャンペーン

カテゴリー

  1. オオサンショウウオが客室を“ぬめぬめ”行進中!「OH! San View Room…

  2. 体にいいと思う「ミラクルフード」ベスト10を発表! 牧田善二医師、…

  3. 新しいお墓の形! 東京・八王子 妙経寺の「小さなお墓 納骨位牌墓…

  4. 【土用の丑の日】2024年はいつ? 炊飯器でつくる鰻まぶしもご紹介…

  5. 【新規会員さまも対象】日本調剤オンラインストア5周年記念キャンペ…

  1. “自称認知症”が急増中! 累計70万部の著者最新刊『脳…

  2. “おいしく”環境問題に取り組む、株式会社FARMER YOU(ファーマーユ…

  3. 認知症チェック 10 帰省時がチャンス! 

  4. 仏壇を処分する手順とポイント

  5. 父の家はゴミ屋敷!最悪の事態を招く前にすべき対策とは?

  1. 親の事が心配になってきたらまず読む 「介護施設の入居にあたって…

  2. 親のことが心配になったら  親が倒れた時どうする?今準備できる…