認知症の発症リスクがわかる『認知症になりにくい人・なりやすい人の習慣』発売&刊行記念 無料オンラインセミナー開催!

  • あなたのその生活習慣は、認知症になりくい?なりやすい?

認知症は、2025年には高齢者の約5人に1人、2040年には高齢者の約4人に1人と、そう遠くない未来、誰もがなる可能性があります。

現在、認知症に関連した論文には、身体のことから生活習慣、既往歴、趣味や嗜好などを含めた多くの研究結果が残されています。医療技術と認知症に関する研究の進歩により、「早く歩く人」「お酒を飲む人」「社交的な人」「多言語を話す人」「頭の大きな人」など、認知症になりにくい人・なりやすい人についての要素や認知症の発症リスクがわかってきています。

本書は、多くの認知症患者を診察した認知症専門医である著者がその傾向を解説します。

また、認知症の発症には、「認知予備能」という本来備えられた人の機能が大きく影響しています。

今日からできる認知予備能を鍛えるための生活習慣も紹介する1冊となっています。

  • 知って得する!今日からできる生活習慣チェンジ!

歯医者に通う、歩幅を広げて歩く、人の話をよく聴く、人とよく話す、1日1回外出する、このようなちょっと意識すればできるとから始めることで生活習慣が変わっていきます。

そんな、生活習慣を変化できるような内容も紹介しています。

▲家族や仲間との食事で認知症リスクをとおざけましょう▲家族や仲間との食事で認知症リスクをとおざけましょう

▲認知症になりにくい人の特徴を項目ごとに挙げています▲認知症になりにくい人の特徴を項目ごとに挙げています

  • 刊行記念 無料オンラインセミナー開催!

9月18日(月・祝)11:00~12:30に刊行を記念した無料オンラインセミナーを開催いたします。

詳細については、申し込みページをご覧ください。

申し込みページURL:https://www.mcsg.co.jp/kentatsu/dementialifestyle

  • メディカル・ケア・サービス株式会社の出版事業について

当社は、2022年11月より、看護・医学書、健康・家庭医学書を発行・発売してきた学研グループのなかで、これまで認知症ケアを中心とした介護事業で培った知見を生かし、家族介護者や介護従事者、学生、また健康づくりや予防に取り組む方々に向けた出版物の刊行を開始いたしました。

【監修者プロフィール】 

長田 乾(ながた けん)

医療法人社団緑成会横浜総合病院臨床研究センター長、横浜市認知症疾患医療センター長。

1978年に弘前大学医学部を卒業。

その後、脳血管研究所美原記念病院神経内科、コロラド大学神経内科、秋田県立脳血管研究センター神経内科学研究部などを経て、2016年より横浜総合病院臨床研究センター長、2020年より横浜市認知症疾患医療センター長に就任。

専門分野は、認知症、脳卒中、神経心理学、画像診断。主な著書は、『「うちの家族、認知症?」と思ったら読む本』、『ナースが知っておく 認知症“これだけ”ガイド』、『【イラスト図解】認知症の「なぜ?」「どうする?」がひと目でわかる本』(いずれも株式会社 Gakken)、『脳卒中・脳外傷者のためのお助けガイド』(青海社)などがある。

商品概要】                                                                  

監修者:長田 乾

定価:1,540 円(税込)

発売日:2023年8月31日(木)

体裁:A5判/96ページ

電子版:あり

ISBN:978-4-05-802052-4

発行:メディカル・ケア・サービス株式会社

発行・発売:株式会社 Gakken

学研出版サイト:https://hon.gakken.jp/book/2080205200    

 

【本書のご予約・ご購入はコチラ】 

Amazon  https://x.gd/myzs1

楽天ブックス https://books.rakuten.co.jp/rb/17545491/

紀伊國屋書店 https://www.kinokuniya.co.jp/f/dsg-01-9784058020524

honto  https://honto.jp/netstore/pd-book_32582806.html

  • メディカル・ケア・サービス株式会社 会社概要

1999年、埼玉県さいたま市で創業。創業当時より認知症ケアを専門とし、認知症高齢者対応のグループホーム「愛の家」を中心に、介護付有料老人ホーム「アンサンブル」「ファミニュー」など、多様な介護サービスを展開。現在、全国330以上の介護事業所を運営し、グループホーム運営居室数は日本一の実績を誇ります。海外では、中国を中心に有料老人ホームの運営や開発コンサルティング等の事業を展開。

「認知症を超える。」をブランドメッセージとし、認知症のある方も誰もがその方らしく当たり前に暮らせる社会の実現を目指しています。

設立:1999年11月24日

所在地:〒330-6029 埼玉県さいたま市中央区新都心11-2 ランド・アクシス・タワー29階 

代表者:代表取締役社長 山本 教雄

社員:約6,900名     

売上高:349億円(2022年9月期)

拠点:日本国内32都道府県336事業所、海外(中国)7棟

HP:https://www.mcsg.co.jp/(2023年8月現在)

関連記事

  1. 「孫の日」に先駆けて、自宅整理にまつわるシニア・祖父母世代と孫世代に関する意識調査を目的に、日本全国の男女にアンケート調査を実施いたしました。(回答者数1483名:第1回調査1,265名、第2回調査218名)

  2. 【東京都足立区】9月は足立区の”認知症月間”。認知症について「知って・備えて」をテーマに、大型商業施設やスーパーマーケット、薬局、介護事業所など40か所以上で認知症に関するイベントを実施します。 ~9月21日の「世界アルツハイマーデー」にちなみ、認知症普及啓発イベントを展開~

  3. 親のことが心配・認知症保険のデメリットを知る

  4. 【遺贈寄付ウィーク2023】シニアのペット終生飼育に関する悩みと遺贈寄付を通じた備え

  5. 【4月28,29日開催 各日限定10名 参加費無料】今、注目を集める資産管理会社の活用がわかる相続・財産承継セミナー開催

  6. ジャパンスタイル復活! “型はガラケー、中身はスマホ。” SIMフリースマートフォン 『Mode1 RETROⅡ(モードワン レトロツー)』2023年10月20日(金)発売開始

  7. 「60歳・100のこと」シリーズの最新刊『60歳からいつもご機嫌でいるための100のこと』を、2024年6月26日(水)に発売しました。

  8. 「人の名前が出てこない」と思ったら・・・認知症権威・白澤卓二医師が教える脳活メソッド 最新刊 「脳が10歳若返る!1分脳活」発売

  9. 旬のイチゴを堪能する「いちご12種食べ比べ」期間限定販売 今年もやってきました、苺の季節!昨年大好評頂いた規格が期間限定で復活します。九州を中心とした、様々な品種の旬のいちごを1箱に。

  10. 親の事が心配になってきたらまず読む 「介護施設の入居にあたって参考」にしたいこと

  11. 供養のカタチは、自宅保管を余儀なくされている遺骨を依頼者から預かり、依頼者に代わって協力寺院の永代供養墓に納骨する「葬骨代行サービス」を、2020年8月10日より関西エリア(大阪・兵庫・奈良・京都)にてスタートいたします。

  12. 福袋2004年 たくさんの福袋情報をお届けします

カテゴリー

  1. 【新規会員さまも対象】日本調剤オンラインストア5周年記念キャンペ…

  2. いよいよですね!パリ五輪・『バレーボール男子日本代表 応援BOOK…

  3. 7月24日(水)は土用の丑の日。大丸梅田店では「うなパラ!」を開…

  4. 株式会社郵便局物販サービスは、『スヌーピーグッズ』を2一部の郵便…

  5. 第1弾が大好評の「川島隆太教授の運転免許認知機能検査」シリーズに…

  1. “自称認知症”が急増中! 累計70万部の著者最新刊『脳…

  2. “おいしく”環境問題に取り組む、株式会社FARMER YOU(ファーマーユ…

  3. 認知症チェック 10 帰省時がチャンス! 

  4. 仏壇を処分する手順とポイント

  5. 父の家はゴミ屋敷!最悪の事態を招く前にすべき対策とは?

  1. 親の事が心配になってきたらまず読む 「介護施設の入居にあたって…

  2. 親のことが心配になったら  親が倒れた時どうする?今準備できる…