親が認知症になると親名義の自宅が売却できなくなる可能性があることを知っていますか?

Q. 親の介護施設入居の費用には誰のお金を使いますか?

◆調査サマリー

・約8割の人が親の預金額を知らない・45%の人が、親の施設入居を検討していない・親の介護施設入居費用は、55%の人が親の資産を使うことを想定し、足りなければ自分が払うと回答・親名義の不動産売却ができなくなってしまうリスクへの対策としてもっとも知られているのは生前贈与・親名義の不動産売却ができなくなってしまう対策として家族信託を知っている人は28.6%・約9割の人が、親名義の不動産は売却できなくなる可能性に備えて対策をとっていない

Q. 親の預金額を知っていますか?

Q. 親名義の不動産を売却できなくなる事態に備えて、使えるのはどの手段だと思いますか?

◆調査概要

調査方式:インターネット調査

調査対象:N:406(40代〜60代の親がご存命の方)<40代30.8%・50代36.2%・60代33%>

調査期間:2023年8月25日〜2023年8月27日

◆認知症による資産凍結

 厚生労働省の発表によると、日本の 65 歳以上の高齢者における認知症者数は年々増加傾向にあり、2025 年には約 730 万人、 5 人に 1 人にのぼると推計されています。「人生 100 年時代」と呼ばれている今、認知症は決して他人事ではありません。認知症発症後に意思能力がないとみなされると、定期預金の解約など銀行口座からの入出金や不動産の売買契約といった、あらゆる法律行為ができなくなります。これはいわゆる「資産凍結」という状態で、2030年には認知症者数の総資産額が200兆円を超える*1とされている今、認知症による資産凍結は今後さらに増加していく可能性があります。 

◆社会課題である空き家問題

 少子高齢化により、日本の人口減少は加速しており、その一つの問題が空き家問題です。「家の片付けができていない」「売りたくても売れない」といった理由で空き家を放置している方が多くいます。2018年時点での空き家は全国で約848万9000戸*2となっており、空き家の問題は喫緊の課題となっています。

◆家族信託の活用

 家族信託とは、家族や信頼できる第三者との間で結ぶ、自分の資産の管理を委託する契約のことです。判断能力があるうちに大切な財産を信頼できるご家族に託すことにより、たとえ認知症などにより判断能力が低下した後でも、ご本人の希望やご家族のニーズに沿った、柔軟な財産の管理や運用を実現することを目的とした仕組みです。

 今回の調査では、7割の人が親が認知症になると親名義の自宅が売却できなくなる可能性があることを知らないということがわかりました。親に判断能力がなくなると親名義の不動産が売却できなくなる可能性があることを知らないと、施設入居の費用をご自身で負担しなければならなくなり、且つ親が施設入居したあとご自宅を売却することができず、空き家のまま維持しなければならないリスクがあります。親が施設に入居するタイミングになって困る前、判断能力があるうちに親の家をどうするのか決めておく必要があります。

 あらかじめ家族信託で対策をしておけば、万一親が認知症になってしまっても、自宅を売却することもできますし、親の資産を介護施設入居費用にあてることができます。また、家族信託をする準備段階で家族会議などを通じて情報を共有し、親のお金に対する考え方や今後の方針について話をしておくことで、親の尊厳ある暮らしを継続することが可能です。

◆株式会社ファミトラ

 ファミトラは”人生100年時代のコンシェルジュ”として、⽇本中の家族の幸せを想い、⾃分らしさと安⼼を実現する会社として「家族信託をあたりまえに」することを⽬指しています。「AgeTech」企業として、ITで効率化された家族信託のサービスを提供することにより、家族信託のコモディティ化を推進しています。

 ・名称 :株式会社ファミトラ

 ・所在地 :〒106-0032 東京都港区六本木7丁目18−18 住友不動産六本木通ビル2F

 ・代表者 :代表取締役CEO 三橋克仁

 ・会社HP :https://www.famitra.jp/

*1 2018年8月28日 第一生命経済研究所「認知症患者の金融資産200 兆円の未来」出典

*2 総務省の「平成30年住宅・土地統計調査」

関連記事

  1.  2022年、最も注目された漢方薬は『麦門冬湯』 クラシエ薬品株式会社は、漢方薬市場の長期的な動向や、2022年に売上を伸ばした注目の漢方薬をまとめた「KAMPO OF THE YEAR 2022」を、本日12月1日(木)に発表しました。

  2. 「趣味は何か」の話題が男女共に最も好ましい! 中高年の初デートの話題好ましくないと感じるのは「貯金や年収について」 中高年の初デートの話題に関する意識調査

  3. サービス付き高齢者向け住宅「ツクイ・ののあおやま」7月1日開設―「表参道」駅徒歩5分、官民一体の新しい街づくり―

  4. 91歳、ヨタヘロ怪走中!

  5. 東京ディズニーリゾート®・オフィシャルホテルのグランドニッコー東京ベイ 舞浜で近距離モビリティWHILLのレンタル付き宿泊プランが新登場

  6. 新型コロナウイルス感染予防のために、高齢者も外出を控えざるを得ない状況が続き、運動不足が心配されます。 そこで、習志野市では、ご家庭で簡単にできる体操などの短尺動画を新たに撮影して、市のホームページより発信します

  7. シニア向けIT通信業「スマートシニア株式会社 は、7月10日(金)に、プラットフォー「追悼サイト」の無料提供を開始します。

  8. 国内初、空き家活用の選択肢が一覧でわかる「空き家活用マップ」を発表住まいの対応を決めている人は1割、遅れる住まいの終活を推進 ~「空き家を活用したいがどうしたらよいかわからない」という課題を情報整備で解決~

  9. 札幌を一望できる地上100mからの夜景とともに楽しむ鉄板焼き「開業35周年記念 限定メニュー」が登場

  10. 待望の発売決定! Blind Wine Tasting・小瓶6本セット発売中!

  11. 【調査リリース】シニア男女に聞いた「夫婦関係と生活に関する意識調査」新型コロナウイルスの影響による夫婦関係の変化 「一緒にいる時間が増えたこと」は仲良し夫婦ではプラスに、不仲夫婦は溝が深まる要因に。家事分担に不満がある人は、男性3%に対し女性26%と23%もの差。不仲夫婦の平均へそくり額は1,000万円超え!

  12. 【済生会グループで初導入】認知機能低下の予防に向けた脳ドック用AIプログラム「Brain Life Imaging®」を千葉県済生会習志野病院 健診センターで導入

カテゴリー

  1. 国内主要8空港のANA SPECIAL ASSISTANCE カウンターに「ミライスピ…

  2. 【新国立劇場】《プッチーニ没後100年の今こそ観たい『トスカ』!名…

  3. 【バイク好き235人に聞いた】バイクで走りたい都道府県ランキング!

  4. 人生100年時代、“オトナ世代”を元気に笑顔に!文化放送「オトナのホ…

  5. 空き家オーナー向け「パンフレット」を作成し、WEBサイトよりダウン…

  1. “自称認知症”が急増中! 累計70万部の著者最新刊『脳…

  2. “おいしく”環境問題に取り組む、株式会社FARMER YOU(ファーマーユ…

  3. 認知症チェック 10 帰省時がチャンス! 

  4. 仏壇を処分する手順とポイント

  5. 父の家はゴミ屋敷!最悪の事態を招く前にすべき対策とは?

  1. 親の事が心配になってきたらまず読む 「介護施設の入居にあたって…

  2. 親のことが心配になったら  親が倒れた時どうする?今準備できる…