正しく知りましょう 認知症のこと

門真市の認知症への理解を深めるための取り組み

人生100年時代と言われる中、門真市では約3人に1人が65歳以上の高齢者です。年を重ね老いていく過程で、認知症は誰にでも起こり得る身近な病気です。他人事と思わずに、自分や家族に発症したらどうずればよいのかを考え、正しく理解することからはじめませんか。

9月は「世界アルツハイマー月間」、9月21日は「世界アルツハイマーデー」です。

門真市では認知症の人が安心して暮らせる社会をめざし、認知症への理解を深めるためにさまざまな取り組みを行っています。

グループホームソラストれんか門真(三ツ島 1-17-10)にて

  • もしかして…?と思ったらかかりつけ医またはお近くの地域包括支援センターへご相談ください

◆地域包括支援センター

介護・福祉・健康・医療などの面から高齢者を支えるために設置された総合相談窓口です。

  1. 門真第1地域包括支援センター06(6780)0808
  2. 門真第2地域包括支援センター06(6906)7077
  3. 門真第3地域包括支援センター072(800)0825
  4. 門真第4地域包括支援センター072(887)6540
  5. 門真第5地域包括支援センター072(883)3334

◆認知症相談コーナー

認知症地域支援推進員認知症地域支援推進員

認知症地域支援推進員が相談に応じます。

相談日時 月曜日午前10時~正午、午後1時~3時

※1人1時間。要予約

予約・問合先 くすのき広域連合門真支所(高齢福祉課内)☎06(6780)5200

門真市公式LINEからも予約ができます。

https://page.line.me/?accountId=kadoma_city

◆オレンジ夢リング

認知症サポーターにお渡しするオレンジ夢リング認知症サポーターにお渡しするオレンジ夢リング

オレンジ色は認知症サポーター、黄色は認知症の人や高齢者、白色は若い人たちが、お互いが支え合っている地域を三つ編みリングで表現しています。
このリングには「街のみんながつながり合うことで、認知症になっても笑顔で輝いて暮らしていける街をつくっていこう」という想いを込めて、​グループホームやデイサービス、認知症の人、高齢者も一緒に作成しています。

▼オレンジ夢リングのページ(ゆめ伴プロジェクトホームページ)

https://www.yumetomokadoma.com/yumering

オレンジ夢リングをまとめるボタンの製作をお手伝いオレンジ夢リングをまとめるボタンの製作をお手伝い

オレンジ夢リングをまとめるボタンの製作をお手伝いオレンジ夢リングをまとめるボタンの製作をお手伝い

  • みんなが安心して暮らすため 認知症の人との関わり方を学びましょう

地域の見守りや声掛けが、認知症の人やそのご家族の支えになります。ぜひ受講してください。

◆認知症サポーター養成講座

 声の掛け方やお手伝いの方法を学びます。

とき 9月28日㈭午前10時~11時30分

ところ 保健福祉センター

費用 無料

申込方法 電話または直接

申込・問合先 くすのき広域連合門真支所(高齢福祉課内) ☎06(6780)5200

認知症の人への対応7つのポイント

  1. まずは見守る
  2. 余裕をもって対応する
  3. 声をかけるときは1人で
  4. 後ろから声をかけない
  5. 相手に目線を合わせてやさしい口調で
  6. おだやかに、はっきりした話し方で
  7. 相手の言葉に耳を傾けてゆっくり対応する

◆ロバ隊長をオレンジ色に!シールアートで認知症への理解を深めましょう

ロバ隊長ロバ隊長

 認知症サポーターキャラバンマスコットのロバ隊長に、オレンジ色のシールを貼って染め、認知症になっても安心して暮らせるまちをめざします。認知症クイズにも挑戦してください。

ロバ隊長の設置期間 9月1日㈮~29日㈮

※市民プラザは9月11日㈪から

設置場所 老人福祉センター、高齢者ふれあいセンター、市民プラザ、イズミヤショッピングセンター門真、高齢福祉課

  • 認知症地域支援推進員の想いをインタビュー

 門真市で認知症地域支援推進員として認知症に関する相談・支援を行う高瀬さん。

認知症の人やご家族へ伝えたいことや皆さんに知ってほしいことなど、お話を伺いました。

雑談だって宝物

初めからスムーズに参加できる方ばかりではなく、介護サービスの利用に抵抗を感じる方もいます。

そういった方でも、活動に携わる関係者の協力や想いによって「その場に来ることができるようになった」「介護サービスにつながった」という方もいらっしゃいました。

何気ない時間、雑談はその方を知るきっかけとなり、貴重な宝物です。そんな空間から自然と信頼関係が深まっていることを実感しています。

地域住民の方ともコミュニケーションは欠かせません地域住民の方ともコミュニケーションは欠かせません

地域と人をつなげるためのコミュニケーション地域と人をつなげるためのコミュニケーション

素敵な笑顔と折り鶴のマスクチャーム素敵な笑顔と折り鶴のマスクチャーム

みんなが輝ける場所がある

みんなの夢かなえまステーションみんなの夢かなえまステーション

「こうでないといけない」「やらねばならぬ」ではなく、みんなが1人の人として参加できる空間は楽しくつながりあえる場であり、そこではたくさんの笑顔が生まれています。この笑顔こそが認知症を理解することにつながっているんだと感じています。

ゆめ伴プロジェクトの活動で印象的なシーンは数えきれないほどありました。

例えば、恥ずかしがり屋の女性は「できるかな?」と不安になりながらも細かな作業を人一倍こなしたり、若年性認知症の男性は「力ならあるで!」と心強い存在だったり。それぞれ自分の力を発揮し、いきいきと輝けることを私たちに教えてくれました。

RUN伴+門真RUN伴+門真

共に歩こう 1人じゃない

認知症の方が私たちを「仲間」として関わってくれることが何よりうれしく、「認知症になっても希望を失ってほしくない」という家族の想いは同じ悩みを抱える方へのエールになり、大きなサポートとなっていることを実感しています。

10月28日(土曜日)には「RUN伴+門真」が行われる予定です。これは、認知症の人や高齢者、家族、支援者、市民が助け合いながら共に歩き、みんなが英雄となってゴールをめざすイベントです。ぜひ、応援していただけるとうれしいです。

  • みんなの居場所仲間づくり 認知症カフェ

 認知症の人にとっての居場所として利用されています。認知症カフェ運営団体には要件に応じた助成を行っています。

◆市内にある認知症カフェ

ひぐまカフェでの様子ひぐまカフェでの様子

ひぐまカフェ(常盤町12-5)

問合先 第3地域包括支援センター☎072(800)0825

なるなる認知症カフェでの様子なるなる認知症カフェでの様子

なるなる認知症カフェ(御堂町2-24)

問合先 なるなる認知症カフェ☎072(886)1553

ゆんたく(島頭4-11-11) 問合先 高齢者介護事業ブドウ☎072(800)6768

  • 最後に

認知症は早期発見、早期治療が大切です。発症していても本人に自覚がない場合もあります。周りの人が「いつもと違う」と感じたら、すぐに相談してください。

  • 症状が軽いうちにこれからの生活の準備ができます
  • 早期発見し、治療することで進行を遅らせたり、症状が改善されたりする可能性があります

関連記事

  1. 【親の終活に関する意識調査】4月から始まる相続登記義務化の認知は2割と低調、相続不動産について親と話し合ったことがある人も2割どまり。6割超が相続について不安ありと回答し、不安なこと1位は「相続税」

  2. 札幌を一望できる地上100mからの夜景とともに楽しむ鉄板焼き「開業35周年記念 限定メニュー」が登場

  3. 早期発見・認知機能検査『BI-NOU』7月9日サービス開始 50代以上のプレクリニカル期を対象にした本格的な非対面テスト1回990円(税込)、自宅でも受けられる約15分のオンライン検査

  4. 熱帯夜に必見!睡眠時のエアコン電気代を検証“朝までつけっぱなし”の電気代は約23円!

  5. 親のことが心配になったら【調査リリース】シニア女性に聞いた「介護」に関する意識と実態調査/介護経験者8割が「介護で子どもを頼りにしなかった」と回答 年間で約10万人が介護離職する時代に、4人に1人が「介護する側」を経験。親の介護にかかった費用は平均で約7万3,000円/月

  6. 「がん活」は家族のがん経験者有無や男女で意識に大きな差あり!約半数ががん検診を受けたことがないが、理想は「1年に1回の受検」と回答。家族にがん経験者がいない人は、がんを自分ゴト化できていない現状

  7. 株式会社霊園・墓石のヤシロ(本社:大阪府箕面市稲1-4-3 代表取締役:八城 正明)は、 お釈迦さまの誕生日でもある2021年4月8日(木)に、歴史ある「真言宗国分寺派 大本山 国分寺」で堂内墓地「国分寺御廟」をオープン

    歴史ある「真言宗国分寺派 大本山 国分寺」に堂内墓地「国分寺御廟」が新設お釈迦さまの誕生日でもある4月8日(木)にオープン

  8. ジャパンスタイル復活! “型はガラケー、中身はスマホ。” SIMフリースマートフォン 『Mode1 RETROⅡ(モードワン レトロツー)』2023年10月20日(金)発売開始

  9. 「SA・PA 超得!ニューイヤーフェス」 令和5年12月28日(木)から令和6年1月9日(火)までの13日間

  10. この夏こそ、旅に出たい! アクティブなシニアの旅をよりお得にしてくれる、「青春18きっぷ」の使い方を分かりやすく徹底アドバイス! 『60歳からの青春18きっぷ入門 増補改訂版』を発刊

  11. 介護保険給付費で住宅改修をしよう! 限度額は? 出来ることは? どうすればいい?

  12. 旬のイチゴを堪能する「いちご12種食べ比べ」期間限定販売 今年もやってきました、苺の季節!昨年大好評頂いた規格が期間限定で復活します。九州を中心とした、様々な品種の旬のいちごを1箱に。

カテゴリー

  1. 【新規会員さまも対象】日本調剤オンラインストア5周年記念キャンペ…

  2. いよいよですね!パリ五輪・『バレーボール男子日本代表 応援BOOK…

  3. 7月24日(水)は土用の丑の日。大丸梅田店では「うなパラ!」を開…

  4. 株式会社郵便局物販サービスは、『スヌーピーグッズ』を2一部の郵便…

  5. 第1弾が大好評の「川島隆太教授の運転免許認知機能検査」シリーズに…

  1. “自称認知症”が急増中! 累計70万部の著者最新刊『脳…

  2. “おいしく”環境問題に取り組む、株式会社FARMER YOU(ファーマーユ…

  3. 認知症チェック 10 帰省時がチャンス! 

  4. 仏壇を処分する手順とポイント

  5. 父の家はゴミ屋敷!最悪の事態を招く前にすべき対策とは?

  1. 親の事が心配になってきたらまず読む 「介護施設の入居にあたって…

  2. 親のことが心配になったら  親が倒れた時どうする?今準備できる…