【高齢者ドライバーの事故を減らす取り組み】ドライブレコーダーの無料貸し出しサービスを開始

 株式会社Direct Stock Japanの運営するハイエース買取専門店ボロボロエースカウカウ(https://directstock.co.jp )(大阪府高槻市)は2024年6月8日、高齢者ドライバーに納得してお車を売却していただくためのサービスとして、『ドライブレコーダーの無料貸し出し』のサービスを開始します。

【サービス概要】

サービス期間:令和6年6月8日~令和7年7月20日までの期間に申し込みを受け付けた方

貸し出し対象者:65歳以上のドライバーの家族

対象車種:ハイエース買取専門店ですが、ハイエース以外の全ての車種を対象とします

貸し出し期間:一週間

貸し出し方法:(事前予約の上)店舗へのご来店

サービス詳細:https://directstock.co.jp/release/drive-recorder/ 

【サービス実施背景】

 高齢者ドライバーによる事故の件数は、平成24年までは、高齢者の増加により、右肩上がりに増えていましたが、高齢者ドライバーによる死亡事故に関するマスコミ報道等による免許返納者の急増に伴い、平成25年~令和2年までは、事故件数自体は大幅に減少しました。

 

 しかしながら、令和2年以降は、減少が底打ちし、横ばいから僅かに増加傾向にあります。今後も高齢者の割合は増え続ける事が予想されており、事故件数自体も高止まり※することが懸念されています。

データ参照元:e-Stat 政府統計の総合窓口(https://www.e-stat.go.jp/about)

 世の中の高齢者ドライバーによる事故のニュースへの関心が薄れていく中、「自分は大丈夫」と思って乗っている高齢者の数はなかなか減らない現状です。しかし、家族は「危ないから運転はやめてほしい」と思っていて、家族内で意見が衝突するケースが多発しています。

 そこでボロボロエースカウカウではドライブレコーダー(※別紙参照)の無料貸し出しサービスを開始します。

高齢者の運転を録画してもらうことで、その映像をご家族と一緒に客観的に見てもらい、運転中の適性な判断ができているかどうかや、運転中は気が付かなかった危険な場面などが分かります。そして改めてご家族の方にも自分の親がどういう運転をしているのか見てもらい、その映像を1つの判断基準として、ご家族で高齢者の方が運転することへの話し合いをしていただければと思います。

 

 こうすることで従来よりも納得したうえで、お車の売却を決断していただけるのではと考えました。

 

実際にお売りいただいたお車は記念撮影をして、フォトフレームに入れてプレゼントし、思い出を形に残すお手伝いをさせていただきます。

 

 府内の交通事故を減らすためにも上記のようなサービスをして、今後も高齢者に気持ちよく愛車を売っていただくサービスを続けていきたいと考えております。

 

(会社概要)

会社名:株式会社Direct Stock Japan
所在地:大阪府高槻市柱本1-1-8

電話番号:06-6836-7740

代表者:代表取締役 山本剛
設立:2018年12月17日
URL:https://directstock.co.jp/
業務内容:中古車買取、輸出、メディア運営
公的資格:古物売買許可証番号 622032304053
日本自動車購入協会(JPUC)正式加盟店:約款21KH10053

関連記事

  1. 親を介護するためにもっとも重要なことは?Surfvoteで意見投票開始

  2. 【iPhoneアプリで簡単みまもり】家族のつながりサービス・Hachi(ハチ)で、「iPhoneを持ってもらうだけ」のシンプルな見守りを実現。

    AP TECH株式会社は、家族のつながりサービス「Hachi」の新機能『iPhone 振るだけSOS』機能を2021年3月31日(水)にリリースし、iPhoneを持ち歩くだけで利用可能なみまもりサービスの提供を開始します。

  3. リモコンのIoT化を実現する商品として、国内テレビメーカー各社に対応する簡単リモコン&みまもり電池5モデル「監視されているような感覚」を低減できる見守りサービスを7月下旬より発売します。

  4. 【終活】なかなか子どもから切り出しづらい?親の生前整理についてのアンケート調査!

  5. “パスタをだしで炊く”茅乃舎の新提案「だし炊きパスタのだしとつゆ」 を1月1日(日)より新発売。「しょうゆ」と「海老みそ」の2種類が登場

  6. オンラインリバーシ(オセロ)倶楽部 おすすめ無料サービスをご紹介

  7. スマートフォン向け助けあいアプリ「May ii(メイアイ)」の利用エリアを日本全国に拡大 「移動に困って助けを求める人」と「手助け可能なサポーター」をつなぎ、心のバリアフリーを実現

  8. 旭化成ファーマ、骨粗鬆症の疾患啓発活動「母の日特別企画2024」を実施

  9. 今年初開催のドローンショーと打ち上げ花火による煌めく夜空 三島スカイウォーク恒例イベント『ナイトスカイウォーク』を開催

  10. 「最近ぼーっとしている…歩くのが遅くなった…」 特発性正常圧水頭症(iNPH)の疾患啓発動画をスタート

  11. 「終活」の認知度は95%と高いが、実践している人はわずか7%。 今はしていないが「終活をしたいと思っている」人は、約6割存在。 コロナ禍をきっかけに1割を超える人が「終活への考え」に変化。

  12. 親の介護が必要になったら、要介護者のためのコミュニケーションツール「TQタブレット」 新機能搭載でサービス開始

カテゴリー

  1. 【神奈川県初進出】巷で話題のグルメバーガー「BRISK STAND」KAMAKU…

  2. 国内主要8空港のANA SPECIAL ASSISTANCE カウンターに「ミライスピ…

  3. 【新国立劇場】《プッチーニ没後100年の今こそ観たい『トスカ』!名…

  4. 【バイク好き235人に聞いた】バイクで走りたい都道府県ランキング!

  5. 人生100年時代、“オトナ世代”を元気に笑顔に!文化放送「オトナのホ…

  1. “自称認知症”が急増中! 累計70万部の著者最新刊『脳…

  2. “おいしく”環境問題に取り組む、株式会社FARMER YOU(ファーマーユ…

  3. 認知症チェック 10 帰省時がチャンス! 

  4. 仏壇を処分する手順とポイント

  5. 父の家はゴミ屋敷!最悪の事態を招く前にすべき対策とは?

  1. 親の事が心配になってきたらまず読む 「介護施設の入居にあたって…

  2. 親のことが心配になったら  親が倒れた時どうする?今準備できる…