「遺言能力(意思能力®)鑑定」サービス

大切な家族に託す最後の手紙・・・その「遺言書」が被相続人没後に大きな火種に変わる。        

今!やらなければならない争族対策を提案しています。

~争いのない相続のために。遺言書に医師の「鑑定書」を提供する。日本初の発想~                 ~メディカルリサーチは、専門医と看護師でタッグを組む会社です~  
2025年には65歳以上の5人に1人が認知症になると言われています。しかし、コロナ禍における約2年間に及ぶ自粛生活でさらに増えるのではないかとも予測されている認知症患者数。今、認知症や軽度認知障害、そして後期高齢者達が残した遺言書の効力をめぐって、残された遺族が骨肉の争いを繰り広げる相続トラブル事案が増えています。

メディカルリサーチ株式会社は「医療を社会に還元する専門商社」として、このような状況を打破すべく10年以上培った医療鑑定事業の一環として、遺言執行時の争いを未然に防ぐための意思能力®鑑定を行っております。

相続トラブルにおいて重要なポイントは、「遺言書作成時、既に認知症を発症していたか否か=遺言能力(意思能力®)があったか否か」という点です。
この評価には医学の知識を有する専門医の力が求められます。

この度、一般の方々にもより分かりやすく最新の情報をお伝えするため、遺言能力「意思能力®」に関する特設サイトをリニューアルリリースいたしました。

         【特設サイトURL】https://www.medicalresearch.co.jp/mental-capacity/
         【特設サイトQRコード】 

 ■遺言能力(意思能力®)鑑定サービスを行うメリット
(1)円満な相続の実現に役立つ
遺言の有効・無効を争うような相続トラブルを防止することに役立ちます。遺言作成時の判断能力について疑義が出た場合にも、反論のための有効な証拠資料となり得ます。
(2)自分の意思を確実に残せる
遺言に鑑定書を付帯することで、自分の意思をより確実に残すことができます。遺言以外のケースにも対応可能です。
(3)認知機能低下の有無を知れる
ご自身の判断能力についての詳細を知ることができ、日常生活で注意すべき事柄が見えます。
(4)遠隔鑑定で全国対応可能
遠隔地でも鑑定可能な環境が整っております。

■サービスをご利用されたお客様の声
M様(会社経営者、鑑定当時52歳)
会社の将来を考え、事業承継を見据えて意思能力®鑑定を受けました。脳の画像検査では、30年前の交通事故で負ったと思われる器質的損傷がわずかに残っていることが分かりましたが、認知症専門医による総合的な診断の結果、認知機能に問題はないと鑑定していただくことができてほっとしました。

■その他の情報や費用については以下のサイトをご覧ください。
          【特設サイトURL】https://www.medicalresearch.co.jp/mental-capacity/
          【特設サイトQRコード】

■遺言能力(意思能力®)鑑定サービス内容の一部
・認知機能評価
・その他国内外において認知症のスタンダードな検査
・医師との面談

■「意思能力®」はメディカルリサーチ株式会社の商標登録です


                                          

【商標】意思能力
                                     

【登録日】平成28年4月22日
                                     

【登録番号】  第5844440号
                                      

【区分】  第41類、第44類

■会社概要
商号  : メディカルリサーチ株式会社
代表者 : 代表取締役 圓井 順子 (まるい じゅんこ)
所在地 : 〒101-0044 東京都千代田区鍛冶町1-10-4  丸石ビルディング6階
設立  : 2011年2月
事業内容: 医業・鑑定事業
コーポレートサイト: https://www.medicalresearch.co.jp/
意思能力®鑑定サービスサイト:https://www.medicalresearch.co.jp/mental-capacity/
労災専門サイト:https://www.medicalresearch.co.jp/rousai/

その他遺言に関する記事は↓↓

遺言書なしで相続を受けた経験がある方のうち5人に1人が相続でもめたと回答
https://otonanavi.info/?s=%E9%81%BA%E8%A8%80 遺言

関連記事

  1. 供養の形が多様化する中、お墓の選択で親子にすれ違いが発生!都内唯一、完全個室の納骨堂で心地良い空間、“行きたくなるお墓”を提案

  2. 主要ネット証券初、「相続税シミュレータ(簡易版)」の提供を開始 ~簡単な入力で相続税に関するお客様の不安を解消~

  3. 1月5日「遺言の日」に合わせ、遺言・遺贈に関する調査を実施 -終活への関心は5割超えるも、遺言書を作成済み/作成意向は2割弱にとどまる-

  4. 【4月28,29日開催 各日限定10名 参加費無料】今、注目を集める資産管理会社の活用がわかる相続・財産承継セミナー開催

  5. 親のことが心配になったら  遺品整理について知りたい! おすすめ業者をご紹介!

  6. 供養のカタチは、自宅保管を余儀なくされている遺骨を依頼者から預かり、依頼者に代わって協力寺院の永代供養墓に納骨する「葬骨代行サービス」を、2020年8月10日より関西エリア(大阪・兵庫・奈良・京都)にてスタートいたします。

  7. 【生前・遺品整理】しっかり話合いできていますか後回しにすると大変な目に…!?敬老の日のプレゼントに!!

  8. 富士山が一望できるガーデニング型永代供養付有期限墓地が新発売!最終の墓じまいがセットになって、継承者なしでも安心!

  9. 勝司法書士法人による相続登記義務化や特定空家等問題の事前対策を提案!!

  10. 単行本「遺言書作成と相続対策のすべて (行政書士がかんたん解説!) 」の編集に続き、2022年10月12日に目黒で無料開催の終活セミナーの運営協力をしておりますので、ご案内いたします。

  11. みんなでピース!“なんとめでたいご臨終”生と死を哲学する在宅ホスピス医・小笠原 文雄氏を特集 DOCTOR’S MAGAZINE ドクターズマガジン5月号発刊

  12. 親を亡くしたら…逝去から葬儀までの流れは? 詳しく解説します

カテゴリー

  1. いよいよですね!パリ五輪・『バレーボール男子日本代表 応援BOOK…

  2. 7月24日(水)は土用の丑の日。大丸梅田店では「うなパラ!」を開…

  3. 株式会社郵便局物販サービスは、『スヌーピーグッズ』を2一部の郵便…

  4. 第1弾が大好評の「川島隆太教授の運転免許認知機能検査」シリーズに…

  5. 話題の地球の歩き方国内版から初の市版として発行した『北九州市』…

  1. “自称認知症”が急増中! 累計70万部の著者最新刊『脳…

  2. “おいしく”環境問題に取り組む、株式会社FARMER YOU(ファーマーユ…

  3. 認知症チェック 10 帰省時がチャンス! 

  4. 仏壇を処分する手順とポイント

  5. 父の家はゴミ屋敷!最悪の事態を招く前にすべき対策とは?

  1. 親の事が心配になってきたらまず読む 「介護施設の入居にあたって…

  2. 親のことが心配になったら  親が倒れた時どうする?今準備できる…