<生前贈与調査>生前贈与に関する「令和5年度税制改正」について「知らない」人が7割近く。今後の生前贈与に関する相談先としては「税理士」が約4割と最多に

ベンチャーサポート相続税理士法人(東京都中央区 代表税理士 古尾谷裕昭 https://vs-group.jp/sozokuzei/supportcenter/)は、「生前贈与」に関する調査を実施しましたので、お知らせいたします。

<生前贈与に関する調査結果トピックス>

  • 生前贈与に関する「令和5年度税制改正」の内容について、「この中に、知っている改正内容はない(67.9%)」と回答した人が7割近くに
  • 「生前贈与」について「贈与税や相続税の計算方法(27.1%)」「生前贈与の手続きや流れ(19.7%)」「相続税の節税方法(18.0%)」を知りたいとする回答が多い
  • 生前贈与の相談を第三者にしたことがある人は1割にも満たない。今後の生前贈与に関する相談先として「税理士」を挙げる人が約4割と最多に


<調査概要>
1. 調査方法:ゼネラルリサーチ株式会社のモニターを利用したWEBアンケート方式で実施
2. 調査の対象:ゼネラルリサーチ社登録モニターのうち、全国の60代以上の親を持つ男女を対象に実施
3. 有効回答数:1,017人
4. 調査実施日:2023年2月13日(月)〜2023年2月14日(火)
 

  • 生前贈与に関する「令和5年度税制改正」の内容について、「この中に、知っている改正内容はない(67.9%)」と回答した人が7割近くに

全国の60代以上の親を持つ男女1,017人を対象に調査を実施。

まず、令和4年12月16日に発表された「令和5年度税制改正大綱」の生前贈与に関して、「ご存じの改正内容はありますか?」と質問したところ、「この中に、知っている改正内容はない(67.9%)」と回答した人が7割近くに上った。

令和5年3月28日に「令和5年度 税制改正法案」が成立した。
これにより、令和6年1月1日以後の贈与により取得する財産について、下記の改正が適用される。
・暦年課税において相続税の課税価格に加算する期間が相続開始前3年から7年に延長される
・相続時精算課税制度において年110万円の基礎控除が可能となる
・「結婚・子育て資金贈与」を受けた場合の贈与税の非課税措置が2年延長され、令和7年3月31日までとなる

・「教育資金贈与」を受けた場合の贈与税の非課税措置が3年延長され、令和8年3月31日までとなる

今回の改正により、「相続時精算課税制度」の節税効果が従来より高くなる。
暦年課税と相続時精算課税制度のどちらが節税効果が高いかは、贈与する金額や年数によって異なるため、事前によく検討した上で生前贈与を行う必要がある。
 

  • 「生前贈与」について「贈与税や相続税の計算方法(27.1%)」「生前贈与の手続きや流れ(19.7%)」「相続税の節税方法(18.0%)」を知りたいとする回答が多い


「「生前贈与」について、知りたいことは何ですか?」と質問したところ、「贈与税や相続税の計算方法(27.1%)」と回答した人が最も多く、次いで「生前贈与の手続きや流れ(19.7%)」「相続税の節税方法(18.0%)」となった。

生前贈与を行う上で、贈与税や相続税がいくらになるのか、「贈与税や相続税の計算方法」に最も関心が高いことが明らかとなった。
次に関心の高かった「生前贈与の手続きや流れ」も、生前贈与を正しく行う上で重要となる。
より節税効果を得るためにも、事前にしっかりと贈与税や相続税の計算方法や生前贈与の手続き、流れを把握しておくと良い。

  • 生前贈与の相談を第三者にしたことがある人は1割にも満たない。今後の生前贈与に関する相談先として「税理士」を挙げる人が約4割と最多に

「「生前贈与」の相談を第三者にしたことがありますか?」と質問したところ、9割以上が「ない(92.3%)」と回答した。

さらに、「「生前贈与」を行う上で、どのような専門家に相談したいですか?」と質問したところ、「税理士(39.1%)」が約4割と最多となった。

生前贈与は税金の計算方法や手続きなど、仕組みや内容の理解が必要不可欠であるため、税金の専門家へ相談したい人が多いと推測される。
 

  • 【まとめ】生前贈与に関する「令和5年度税制改正」の内容について「知らない」人が7割近く。「贈与税や相続税の計算方法」について知りたい人が約3割と最多に

令和4年12月16日に発表された「令和5年度税制改正大綱」の生前贈与に関する改正内容について、7割近くの人が「この中に、知っている改正内容はない(67.9%)」と回答した。

今回の税制改正は、令和5年3月28日に「令和5年度税制改正法案」が成立し、令和6年1月1日以後の贈与により取得する財産について適用されるため、これから生前贈与を検討している人は理解しておくべき内容となる。
しかし、税制改正の内容を把握していない人が多いことが明らかになった。

また、生前贈与について「贈与税や相続税の計算方法(27.1%)」「生前贈与の手続きや流れ(19.7%)」「相続税の節税方法(18.0%)」を知りたいとする声が多かった。
生前贈与を行う上で、贈与税や相続税がいくらになるかなど税額や正しい手続き、流れを事前に把握しておくことは、より節税効果を得るためにも重要である。

今後「生前贈与」を行う上での相談先として、「税理士(39.1%)」を挙げる人が最多となった。
税金の専門家である税理士に相談することで、生前贈与だけでなく、相続を見据えた対策が可能となるでしょう。

さらに詳しい内容は以下にて記載しております。

相続サポートセンターhttps://vs-group.jp/sozokuzei/supportcenter/vsnews_lifetimegiftsurvey02/
 

  • ベンチャーサポート相続税理士法人の紹介

相続税申告 “5つの強み”

1. 相続税専門による高度なサービス
相続税は非常に専門性が高く、特殊な税金となります。当社はそのような相続税だけを扱う税理士法人です。
年間1,700件を超える相続税申告を相続税専門の税理士が対応することで、社内に高い専門性とノウハウを持つことが可能となりました。
当社は、相続に関連する専門書籍を多数出版しており、なかでも「親子で知っておきたい はじめての相続と遺言」は、生前対策についてのノウハウを詰め込んだ一冊です。

2. 税務署に指摘されにくい申告
相続税の申告を考える場合、最優先に考えなければいけないのが「税務調査対策」です。
当社では相続税専門の税理士が税務調査を念頭に置いた申告を行います。
また、元国税OBの税理士のアドバイスによる税務調査対応や申告書の検算体制ができています。
さらに「書面添付制度」を利用して、税務署に内容の保証を行い、税務調査が来る可能性を著しく下げます。

3. 最大限の節税や対策を提案
相続税の節税は、生前の段階から計画的に実施することが重要です。
ただし、相続が発生した後でも間に合う方法はたくさんあります。
特に遺産分割では、税金を加味した分割を考えることで相続税が大きく変わりますし、将来の二次相続を無視した遺産分割をしてしまうと、最終的には損をすることになります。
当社では “節税に詳しい税理士” が最大限の節税ができるような提案をさせていただきます。
また、相続トラブルを回避するためにも、生前対策が重要となります。
当社では、生前の段階からご相談いただけます。

4. 業界最安水準
相続税の申告報酬は13万円(税抜)~対応しており、業界最安水準に設定しています。
相続税専門で年間申告件数が多いため、社内の分業化やシステム化を徹底し、安くて質の高いサービスを可能にしました。

5. 登記変更・不動産売却もワンストップ対応
税理士以外にも行政書士・司法書士・弁護士・宅建士が同じグループ会社に集まっているため、一度のご相談だけで全士業にワンストップで対応することができます。
不動産の登記変更や不動産売却などもまとめてご相談いただけます。


■ベンチャーサポートグループ株式会社:https://vs-group.jp/
■ベンチャーサポート相続税理士法人:https://vs-group.jp/sozokuzei/
■相続サポートセンター:https://vs-group.jp/sozokuzei/supportcenter/
■無料相談:0120-690-318
■TEL:03-6264-4030
■お問い合わせ:https://vs-group.jp/sozokuzei/supportcenter/inquiry/

関連記事

  1. 令和6年4月1日より相続登記が義務化スタートします

  2. 【終活】なかなか子どもから切り出しづらい?親の生前整理についてのアンケート調査!

  3. 業界初!一見一般墓に見えて実は樹木葬。短期間でも使用できる賃貸マンションタイプの個室型「樹木葬フラワージュ」が登場! おひとり様でもご家族でもご利⽤いただけます。

  4. オンライン終活相談イベント「オトナフェスタ~明るく楽しく終活しちゃお!」(代表:行政書士・湯口智子)は、デジタル社会に移行する将来を見据え、デジタル意欲が高いシニアにお応えして、次回の開催を通常のオンライン(zoom)に加え、仮想空間「メタバース」での同時開催をおこなうことになりました。

  5. 【親の終活に関する意識調査】4月から始まる相続登記義務化の認知は2割と低調、相続不動産について親と話し合ったことがある人も2割どまり。6割超が相続について不安ありと回答し、不安なこと1位は「相続税」

  6. ターミナルケア患者の「最後の願い」をカタチにするボランティア活動5周年を記念して活動記録ファクトブックを公開

  7. 【4月28,29日開催 各日限定10名 参加費無料】今、注目を集める資産管理会社の活用がわかる相続・財産承継セミナー開催

  8. 新しい供養の形! 遺骨や遺灰、髪の毛から本物のダイヤモンドを作製するスイスの会社「LONITÉ(ロニテ)」 スイスの企業 LONITÉ。特殊な装置を使用し、故人様やペットのご遺骨やご遺灰からダイヤモンドを作製。5種類の色と8つのサイズ、10種類のカットから選べる遺骨ダイヤモンドの値段は、288,000円〜。

  9. 供養のカタチは、自宅保管を余儀なくされている遺骨を依頼者から預かり、依頼者に代わって協力寺院の永代供養墓に納骨する「葬骨代行サービス」を、2020年8月10日より関西エリア(大阪・兵庫・奈良・京都)にてスタートいたします。

  10. 創業100余年の老舗石材店・株式会社松戸家は、墓石から仏壇・仏具の販売、霊園の開発・管理 、永代供養墓・樹木葬のコンサルティングまで行う。この度、樹木葬を検討されているお客様全員に、お得な3つのキャンペーンを開催しています。

  11. 主要ネット証券初、「相続税シミュレータ(簡易版)」の提供を開始 ~簡単な入力で相続税に関するお客様の不安を解消~

  12. 【生前・遺品整理】しっかり話合いできていますか後回しにすると大変な目に…!?敬老の日のプレゼントに!!

カテゴリー

  1. 【新規会員さまも対象】日本調剤オンラインストア5周年記念キャンペ…

  2. いよいよですね!パリ五輪・『バレーボール男子日本代表 応援BOOK…

  3. 7月24日(水)は土用の丑の日。大丸梅田店では「うなパラ!」を開…

  4. 株式会社郵便局物販サービスは、『スヌーピーグッズ』を2一部の郵便…

  5. 第1弾が大好評の「川島隆太教授の運転免許認知機能検査」シリーズに…

  1. “自称認知症”が急増中! 累計70万部の著者最新刊『脳…

  2. “おいしく”環境問題に取り組む、株式会社FARMER YOU(ファーマーユ…

  3. 認知症チェック 10 帰省時がチャンス! 

  4. 仏壇を処分する手順とポイント

  5. 父の家はゴミ屋敷!最悪の事態を招く前にすべき対策とは?

  1. 親の事が心配になってきたらまず読む 「介護施設の入居にあたって…

  2. 親のことが心配になったら  親が倒れた時どうする?今準備できる…